論文解説

心臓病 論文解説

植込み型除細動器に静脈内リードは必要ない。

2020/8/10  

植込み型除細動器(ICD)とは、心臓が止まった時に自動で電気ショックを与える機械。 最近まで、心臓内に留置したリードからショックを行う仕様が普通でした。ペースメーカーと同じ。 でもなるべくなら静脈の中に異物を残したくない。 完全皮下植込み型のICD、その非劣等性試験が発表されました。   ...

論文解説

ビタミンDはうつ病予防に効くか【結論】

2020/8/9  

ビタミンDサプリ、色んな状況で有効性が期待されています。 今回紹介する研究は、ビタミンDとうつ病発生の因果関係。 ビタミンD血中濃度が少ないとうつ病発生が多い事が言われていますが、サプリによって発症予防できるか? 最大規模のランダム化試験です。     ビタミンDはうつ病予防に効 ...

論文解説 運動etc

金銭的な報酬があると人は運動するか?【最新メタ解析】

2020/8/8  

お金もらえたら運動しますか? する。と多くの方が答えるでしょう。 本当?ではどのくらい? 実は世の中には既に、歩くと報酬が与えられるシステムが存在します。 それらの効果をまとめた論文を紹介し、どういう原理で人は習慣を変えるか、考えてみます。     金銭的な報酬があると人は運動す ...

COVID 論文解説

バズってしまったコロナに関する非科学的な事項の数々【まとめ】

2020/8/7  

コロナのせいで、よくも悪くも、科学(疫学)に関心を持つ人が増えました。 国のリーダーやメディアも注目しています。 でも残念ながら、科学の裏付けがない事項をよく目にします。 これは由々しき問題です。 どんな事例があったか、まとめてみました。     バズってしまったコロナに関する非 ...

基本 論文解説

みんな「要素還元主義」的思考に囚われている:科学情報が解釈できない理由

2020/8/6  

科学的な説明をしても伝わらない。 別に難しいこと言ってないのに、理解してくれない。 この悩みを抱える医者、疫学者は多いです。 学歴の高い低いに関係なく、伝わらない事がよくある。 これは、聞き手の「要素還元主義」的な考え方が原因だと思います。 これを噛み砕いて説明していきます。   &nbs ...

論文解説

みんな、遠隔医療の準備できてる?

2020/8/5  

遠隔医療、流行るでしょうか? 良い面もありつつ、色々な制約因子もあります。 特にお年寄り。一番遠隔医療が必要な層が、うまく有効活用できるか。 これに関する最新調査を紹介します。     みんな、遠隔医療の準備できてる? コロナ大流行により、世界は変わりつつあります。 医療での大き ...

疫学・臨床研究 論文解説

ランダム化試験って意味あるの?観察研究で良くない?

2020/8/4  

ビッグデータの時代。解析方法も発展した。 データをたくさん使った観察研究なら、色々言える気がします。 この現代、お金も手間も時間もかかる、ランダム化試験ってやる意味あるんでしょうか。 誰しも思うこの疑問に、正面から向き合ってみました。     ランダム化試験って意味あるの?観察研 ...

COVID 論文解説

新型コロナ数理モデルの注意点:何が言えて何が言えない?

2020/8/3  

新型コロナ、様々な説が巷に溢れています。私達自身が情報を取捨選択する必要性に迫られています。 大事なことは、 ・それがどんな数理モデルに基づいているか。 ・そのモデルで何が言えて何が言えないか。 結局フィーチャーされるのは結論だけです。 それに惑わされないよう、この記事では感染症疫学モデルの基本を説 ...

COVID 論文解説

コロナ感染は防ぐために学級閉鎖した方が良いのか【科学的根拠】

2020/8/1  

新型コロナは無症候感染が若い人に多いから、子供が知らぬ間に親世代に感染を広げる。 特に学校は危ない。 ということで世界中学級閉鎖されてきました。 でも、なるべくなら子供を学校に行かせたい。 本当に学級閉鎖はコロナ感染を減らしたのでしょうか。 これを検討した論文が発表されました。   &nb ...

論文解説

トロポニンと冠動脈カルシウムスコアを使って心血管リスクを層別化する【論文解説】

2020/7/31  

どういう人が将来心筋梗塞になるか。 今まで徹底的に調べられてきました。 最近注目されている、血液検査の高感度トロポニンと、CTで計測する冠動脈カルシウムスコア。 この2つを組み合わせて、どれくらい心血管リスクが層別化されるのか調べた研究を紹介します。     トロポニンと冠動脈カ ...

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.