「お酒は少量でも健康に悪い」は誤解【科学的に推奨される酒の飲み方】

酒が体に悪いとはよく知られた事実ですが、昔から酒は百薬の長(少量のお酒は健康に良い)と言われてきました。

2018年、Lancetという医学誌に発表された論文で「お酒は少量でも健康に悪い」と結論され、世界に激震が走りました。日本でも知識人達がこの結果を紹介したため、聞いたことがある人もいるかもしれません。

しかし、それはこの論文の正しい解釈ではありません

 

この記事では、最新の科学的知見をレビューし、「健康的なお酒の飲み方」について考えます。

「休肝日を作ったほうが良いのか」「ビールとワイン、ワインを飲むべき」等、その他の酒に関する噂についても、科学的知見を紹介します。

*飲みすぎは健康に悪いことは当たり前すぎるので、この記事では解説しません。

 

 

「お酒は少量でも健康に悪い」はミスリーディング

「お酒は少量でも健康に悪い」はミスリーディング

 

少しだけ、歴史を知りましょう。

「酒は百薬の長」は、単なる噂ではなく、それを支持する科学論文がたくさんあります。

2001年にアメリカ心臓病学会が声明を発表、「1日1-2杯のお酒は心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中)を予防することが、一貫して報告されている。が、因果関係ははっきりしないので、具体的なお酒の量は患者と医師が相談して決定すべき」としました(Circulation. 2001;103(3):472-5.)。因果関係とは、「お酒を飲んだから心血管疾患が少なくなった」という方向性のことです。「お酒を飲む人は心血管疾患が少ないこと」(関連性)は言えても、因果関係を言うことは難しいのです(詳細こちら)。

 

一方、「お酒は癌発生に関わる(発がん性がある)」ということも、繰り返し言われてきました。

特に、飲めば飲むほど口腔癌、喉頭癌、咽頭癌、食道癌、大腸癌、肝細胞癌、乳癌が発生する可能性が高まることが一貫して示され(Cancer Epidemiol. 2016;45:181–188.)、アルコールはIARC(国際がん研究機関)の定めるGroup 1(最も確かな)の発ガン性物質と分類されました(IARC 発ガン性物質リスト)。

 

このような経緯から、少量飲酒の健康効果は、「心血管疾患を予防するが癌発症を増やす可能性がある」ことが、研究者の中で常識となっていました。そのバランスで飲酒するかどうかは、個別に決めるべき。

だから「お酒は飲まないほうが良い」とは一概に言えないし、「少量飲んだほうが良い」とも一概には言えない、と。

 

2018年、Lancetという非常に権威のある医学誌に、「お酒は少量でも健康に悪い」と発表されました(Lancet 2018; 392: 1015–35)。これは195カ国、592研究の結果をまとめたもので、非常に信頼性の高いメタ解析です。

この結論だけみた多くの人は、「お酒は少量でも害だ!!」と解釈し、ビッグニュースになりました。

この結論は今までの科学的根拠と合致しないように思えます。

そうです、この解釈は概して間違っているのです。

 

Lancet論文の正しい解釈

この論文のポイントは、195カ国(ほぼ世界中)のデータを使った研究だということです。

もちろん参加者が多様で人数が多ければ、より信頼性の高い結論が導けます。この論文の結論は非常に信頼性が高く、それが評価されてLancetに掲載されたわけです。

でも注意するポイントは、この結論は地球人に対する平均的なアルコールの効果だという点です。

 

正しい解釈はこちら:

諸国を全て平均すると、少量のアルコール摂取は全く飲まない場合と比較し、結核を始めとし、交通事故や乳癌など23疾患による死亡率が増え、総合して10万人中4人の死亡に寄与する

 

状況は国によって異なります。

例えば発展途上国と比較し、日本において「結核による死亡」は重要でありません

平成30年度の厚生労働省集計では、結核死亡者は2204人、10万人につき1.8人です。

WHOの報告では、世界で年間約160万人が結核で死亡しているとされます。10万人につき27人です。

 

日本は先進国の中ではリスクが高いと批判されることがありますが、世界で見たらここまで違います。

アルコール摂取によって結核による死亡リスクが上がることは、日本においてはかなりインパクトの少ない結果であることがわかります。

 

実はこの論文が出たから何か新しい発見があった、ということはあまりありません

論文上、少量飲酒でも乳がんのリスクは上がっており、心血管疾患のリスクは下がっています。今までの研究の通り。

論文のAbstractの結論だけみた方が、「お酒は少量でも飲まないほうがいい(死亡リスクを上げる)」という間違った解釈をしていたのです。

この論文の結論だけみて議論することに、Time誌でハーバードの栄養学教授が警報を鳴らしています(こちら)。

 

 

科学的に正しいと思われる酒のメリット・デメリット

Lancetの論文はおそらく真実を語っていると思われます。

これを日本人に当てはめて考えることが必要です。

おそらく重要なのは「心血管疾患の罹患リスク・死亡リスクを下げる」「特定の癌発症・死亡リスク、交通事故の危険性を少し上げる」こと。

これに基づくと、人によって飲酒に関するrecommendationが異なります

 

例えば、

✔妊婦、子供、肝疾患ある人、アルコール依存になりやすい人は、少量でもアルコールは摂取しないべき

✔若年男性は、アルコールによる健康効果(心血管疾患リスク低下)の恩恵は受けづらく、逆に交通事故のリスクが上がるため、飲まないほうが健康に良いだろう

✔中年男性など心血管疾患のリスクが高い人は、アルコールを少量摂取することによる利益を最大限享受しうるため、少量のアルコール摂取は推奨される

✔中年女性は心血管疾患リスクも乳癌のリスクも高いため、なんとも言えない

 

これらの議論をすっ飛ばして、「アルコールは飲まないほうが良い」「少量飲んだほうが良い」というのは、科学に基づいた議論とは言えませんね。

 

 

休肝日を作ったほうが良いのか

休肝日を作ったほうが良いのか

 

そりゃ作ったほうが良いでしょ、というのは当然の感覚です。

が、これは単なる感覚です。実はこれも研究されています。

 

2003年にNew England Journal of Medicineに発表された論文を紹介します(NEJM. 2003;348(2):109-18.)。

・同じ飲酒量で揃えた時に、週1-2回しか飲まない場合と比較し、週3-7回飲む場合の方が、心筋梗塞発症リスクが30%以上低かった

・週3-4回と週5-7回は、ほとんど同じリスクだった

 

よって、一概に「休肝日を作ったほうが良い」というのは間違いなのです。

正しくは、「週1回でもがぶ飲みするのは健康に良くない(心血管疾患リスク低下の利益が享受できない)

 

*もちろん、夕食で毎日コンスタントに3本のビールを飲む方は、休肝日を作って週5回の飲酒に減らせば、健康効果(心血管疾患リスク低下、がんリスク低下)は高まることが予測されます。というのは、1日3本のビールという量が多すぎるからです。

→休肝日は、「アルコール摂取量が多すぎる人が摂取量をへらすきっかけとなる」場合、健康効果が期待できます。

 

 

ビールかワイン、ワインを飲むべき?

これも、様々な疫学研究で検討されてきています。

 

・少し古い研究ですが、酒の種類は死亡率等に関係ないと報告されています(BMJ. 1996;312(7033):731-6.

・心血管疾患に関してビールとワインは同様で、スピリッツは悪そうです=少量摂取で予防効果がない(Eur J Epidemiol. 2011;26(11):833–850.)。

・酒の好みによって糖尿病リスクは変わりませんでした(Eur J Clin Nutr. 2017;71(5):659–668.

・ビールやスピリットより、ワインの方が糖尿病予防に効果がありそうでした(J Diabetes Investig. 2017;8(1):56–68.)。

・酒と乳がんリスクは、ワインと乳がんリスクと似ていました。ビールはあまり関係なさそうでした(Alcohol. 2020;agaa012.

・ワイン等と異なり、ビールはパーキンソン病予防に効果があるかもしれません(Mov Disord. 2014;29(6):819–822.)。

 

栄養素的に、例えば「赤ワインはポリフェノールが多く含まれているから健康に良い」と言う人はたくさんいます。

そもそもビールにもポリフェノールが含まれているのですが(Nutrients. 2012;4(7):759-81.)、それを置いておいても、栄養素の観点で語る健康情報は信頼できません(詳細こちら)。

何度もこのブログで繰り返し言っています。赤ワインの効果=ポリフェノールの効果でありません。

 

結論、ビールでもワインでも、アルコールによる健康効果はそんなに変わり無さそうです。スピリッツ(ジンやウォッカ)は悪そうです。

ビールかワイン、好きな方を飲んで下さい。

*砂糖は健康に良くないので(詳細こちら)、甘くない酒を選びましょう。

 

 

日本人でも同じ事が言える?

2019年、日本人でのアルコールリスクについて重要な論文が発表されました(Cancer. 2019;10.1002/cncr.32590.)。

 

・6万人のがん患者と6万人の健常人をマッチさせた症例対照研究です

・全くお酒を飲まない人に比べ、少しでも飲む人は、少しだけがんのリスクが高いという結果となりました

・具体的には、10 drink-year(1日1杯を10年もしくは1日10杯を1年)の人は癌発症リスクが5%高い結果となりました

 

日本人はアルコール分解酵素を持っていない人が多く、欧米の研究結果をそのまま当てはめることは難しいかもしれません。

しかし、アルコールの癌リスクについては、この研究と上に紹介した研究で結論に違いはありません

*この研究では心血管疾患との関連性は調べていません。

 

アルコールに関する健康効果で、日本人が特別に注意することは今の所なさそうです。

 

 

結局、アルコールと健康の因果関係は一生わからない

結局、アルコールと健康の因果関係は一生わからない

 

散々アルコールと健康について語ってきましたが、実は真実の因果関係はわかっていません

「アルコールを飲んでいる人は、様々な条件が同じだとしても癌を発症しやすい」と言えても、「アルコールを飲むと癌を発症しやすい」とはなかなか言えないのです。

因果関係を本当に言うためには、コホート研究でなくランダム化試験が必要です(詳細こちら)。

 

実は、アルコール飲料とノンアルコール飲料をランダム化して参加者に飲ませる試験がアメリカでありました。MACH trialというものです。

これは、結局NIHに倫理規定違反とされ試験中止に至りました(詳細こちら)。

酒を飲ませ続けることは倫理的でないと判断されたのでした。

 

よって、アルコールと健康の因果関係は、今後はっきりと証明されることは無いでしょう。今までのように、コホート研究で、因果関係を推測されていくのでしょう(コホート研究の結果はあくまで‘因果関係の推測’です)。

一方、ほとんどの食事の健康効果は、コホート研究の結果をベースにしています。そういう意味で、本当の因果関係は、どの食事も証明されていません。しかし、様々な研究で一貫して同じような結果がでているので、おそらく因果関係だろう、と信じられるのです。

 

 

結論

アルコールは少量でもがんのリスクを高めますが、少量なら心血管疾患のリスクを下げそうです。

休肝日が良いというエビデンスはなく、がぶ飲みは悪いというエビデンスがあります。

飲むのはビールかワインが良さそうです。

→こういう科学的な情報をもとに、何をどの程度飲むか、自分で決めましょう。

ではまた。

-食事

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.