ほとんどのコーヒーが「発ガン性物質」を含んでいる件【科学的解釈】

2018年、カリフォルニア州が全てのコーヒー製品に「癌や先天異常、またはその他の生殖障害を引き起こす恐れがあるとされる化学物質が含まれています」という文章を表示することを義務化しました。

コーヒーは健康に良いのではないのでしょうか?なぜこんなことが起こったのでしょう??

この記事では、コーヒーは発癌性物質を含むけど健康に良いことについて、解説を行います。コーヒーに限ったことではありません。この事件から教訓を得て、ヘルスリテラシーを向上させましょう。

 

 

コーヒーを栄養素の観点で議論すると「発ガン性物質」となる

コーヒーを栄養素の観点で議論すると「発ガン性物質」となる

 

2018年3月、カリフォルニア州の裁判所にて「スタバを含む全てのコーヒー製品に発ガン性の可能性を明記するよう義務付ける」判断が下されました。

なんで?と思うかもしれません。

しかし、実際にIARC(国際癌研究所)の定める「発ガン性物質」が、コーヒーに含まれているのです。

 

その名はアクリルアミド。アクリルアミドは、コーヒーの焙煎過程で生じる物質です。

IARCは、アクリルアミドをGroup 2Aの発ガン性物質と定義しています(参照こちら)。Group 2Aとは、「おそらく発ガン性物質だろう」というカテゴリーで、Group 1「間違いない発ガン性物質」の次に癌との関連性が強いと考えられているものです。

*Group 2Aには他に、クロラムフェニコール(重篤な副作用がありほとんど使用されない抗菌薬)、肝吸虫感染(癌を引き起こす寄生虫)、ヒトパピローマウイルス31型と33型、紫外線、赤肉などが含まれます。

Group 2Aとは、「動物実験で、ほぼ間違いなく発がん性を有するエビデンス」があると判断されたものです。

 

そう、間違いなくコーヒーは「発ガン性物質」を含んでいるのです。

コーヒーは飲み過ぎたら癌になりますよ。。。こう言ったら、怖くなってコーヒーを飲む量を減らす人は、結構いるのではないでしょうか?

 

 

コーヒーは健康に良いの!

でも実際は、コーヒーは健康に良いんです。コーヒーが健康に良いことは、数多くの研究で立証されています(詳細こちら)。

 

例えば、

・肝臓がん発症抑制(Curr Nutr Rep. 2019;8(3):182–186.)、子宮体がん発症抑制(Nutr Cancer. 2018;70(4):513–528.)、大腸癌発症抑制(Nutrients. 2019;11(3):694)などがメタ解析で示されています。

・一部の癌(白血病、膀胱がん、肺がん等)はリスク増加と関連するかもしれませんが、抑制される癌の方が多いです。

・コーヒーは心血管疾患抑制にも繋がります。

 

こういう研究は、「コーヒーをたくさん飲んでいる人と飲んでいない人を比較し、癌発症率を比較する」というコホート研究からエビデンスが構築されています(研究手法についてはこちら)。明らかに動物実験よりも信頼性が高いです。

つまり、コーヒーは発ガン性物質を含んでいるけど、飲めば癌を予防するんです

 

「発ガン性物質を含んでいるのに癌を予防するなんて、矛盾してない?」と思うでしょうか。

これが大事なポイントです。

食事の構成要素で、その食事の健康効果を語ってはいけません。

 

 

構成要素で、食事を語ってはいけない

栄養素の観点で、食事を語ってはいけない

 

このブログで繰り返し言っていますが、食事の構成要素で食事の健康効果を言ってはいけません。

 

コーヒーは発ガン性物質を含んでいるから健康に悪い

コーヒーはポリフェノールを含んでいるから健康に良い

保存料が入っているから体に悪い

肉はタンパク質が効率よくとれるから体に良い

....全部だめです。

 

なぜ?  たくさん理由がありますが(詳細こちら)、決定的なのは「食事=特定の栄養素」でないからです。

食事の健康効果は、それが含むたくさんの成分から、総合的に決まります。成分には良いものも悪いものも含まれます。

一つの成分でなく、トータルとして考えなければいけません。

 

アクリルアミドの発がん効果は、正しいかもしれません。動物実験でほぼ確実に関連性があるとされています。

人で確かめることはできませんが(栄養素の影響を人で確かめるには、一番確実な方法はランダム化試験ですが、アクリルアミドを摂取したい人はいないので、倫理的に確かめられません)、アクリルアミド摂取量と癌発症頻度が相関する可能性は全然あります。

IARCでGroup 2Aですが、これは動物実験の結果を基にしています。その上のGroup 1は、少なくとも1つのコホート研究で、癌との関連が示されているものであり、例えばタバコや加工肉を指します。

 

一方、「コーヒーは癌の発症率を減らす」ということは、数百本以上のコホート研究で確かめられているのです。

First do no harmが原則のため、発ガン性物質と認定される敷居は、「健康効果がある」と認定される敷居と比べかなり低いのだと思います。

実際にはアクリルアミドと癌との関連と比較し、コーヒーの健康効果がどれだけ確からしい情報か、わかると思います。

 

 

こういう基本的なヘルスリテラシーが欠如していることが、世の中の大問題

このブログでは、こういうことを繰り返し言っています。

ですので読んでいただいている方は、「食事の健康効果をその構成成分の観点で語ること」は信頼性がひくい、と理解頂いていると思います。

アクリルアミドはおそらく発がん性物質です。しかしだからといってコーヒーは発がん性物質とは言えません。

 

しかし、カリフォルニアの裁判官はこれが分かっていなかった事が疑われます。

この裁判は非営利団体「Council for Education and Research on Toxics」がカリフォルニア州に訴訟を起こした事に起因します。

裁判官だけでなく裁判に関わる多くの方に、この基本的な事象が理解されていなかったと思うと、残念でなりません(複雑な利益相反があったのかもしれませんが)。

 

結果、全てのコーヒー製品に「癌を起こす危険性がある」とのラベルを義務付ける判決がおりました。

結局、ハーバードが大々的に抗議したりして、2019年にはFDA(アメリカ食品医療局)がそういうラベルは適切でないと勧告、判決は無効となりました。

良かったですね。

 

*ラベルは有効か?

「コーヒーは癌を引き起こす可能性があります」というラベルが貼られていたからと言って、気にしないでコーヒーを飲む人もいます。実際、「タバコは肺癌や肺気腫を引き起こします」というラベルがあっても、タバコを吸う人はたくさんいますよね。

結局、研究で健康に関するエビデンスを作っても、人に行動変容を起こさせるのは極めて難しいわけです。

でも気になって行動変容する人も、勿論います。

国や州がラベルを義務化させるということは、実際「人に行動変容を促すアプローチ」としてとても効果的であることが示されています(トランス脂肪酸使用中止の件では凄まじい効力でした:詳細こちら)。

 

 

日本はもっと残念・・

子宮頸がんワクチンの義務化について、様々議論されていると思います。

動物実験で副反応があったこと・ワクチン摂取をした複数人に副反応が生じたことを根拠として、人でのランダム化試験の結果を批判しているのです。

状況は似ていると思いませんか?

 

そもそも、しっかりしたエビデンスのあることは議論の対象とならないわけです。

こういうトピックで議論になるのは、片方がエビデンスを知らないか、知っていても解釈できないか、他の利益相反があるか。

日本は疫学研究が欧米と比較して重視されてこなかった歴史があり、科学的根拠が政策に反映されにくいです。

それで良いのか!?

 

 

結論

コーヒーを栄養素の観点で議論すると「発ガン性物質」となります。

しかしコーヒーは発ガン性物質でなく、がん予防効果が期待されます。

これが理解できることが、重要なヘルスリテラシーと言えます。

ではまた。

-食事と健康

Copyright© Riklog – 信頼できる医療知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.