「食べ残しをしない=アルコールを飲みすぎない」の説明【STOP食料廃棄物】

食べ物が食べられずに捨てられることで、どれだけ地球に被害が及んでいるか知っていますか?半端でありません。ヒトの食事と地球のsustainabilityは密接に関係しているのです。

この記事では、食料廃棄物によるplanetary healthへの影響を、科学的根拠を基に紹介します。そして、食べ残しをしない事は、アルコールを飲みすぎない事と同じレベルの事だ、ということを説明します。やや哲学的ですが、とても大事なことです。

食料廃棄物のヤバい影響【数字で見る】

食料廃棄物のヤバい影響【数字で見る】

世界で1/3の食料、年間13億トンが食べられないで廃棄されています(Waste Manag. 2017;59:442–450.

・アメリカでは40%の食料が食べられないで廃棄されています(PLoS One. 2009;4(11):e7940.)。17兆円に匹敵

・日本の食料廃棄物は年間643億トン(環境省・平成28年度推計

・アメリカだけでも、食料廃棄物を15%減らせば、毎年2500万人の人に食料を供給できます(PLoS One. 2009;4(11):e7940.

数字が大きすぎてあまりイメージわきませんね。

食料廃棄物が地球環境に悪い理由

無駄なコスト(労力、土地、原材料、水)が食糧生産に使われます

・食料販売段階でも無駄なコストが生じます

・食料生産〜購買に至る過程でエネルギーが無駄に使われ、大気汚染の原因となります

・食料廃棄物が分解される時にメタンガスが生じ、これが地球温暖化の大きな原因となります(Waste Manag. 2017;59:442–450.

・うまく使えば、世界中の飢餓を解決する手段となります(米国環境保護団体

そんなこと知ってるよ、という感じでしょうか。

食料廃棄物の対処

食料廃棄物の対処

事は単純でありません。減らすには、各セクターの連携が必須です。

・国や市:様々な啓蒙や、フードバンクの活用(余剰食物を寄付すると税を一部還付するなど)

・ビジネス:効率化の徹底。buy-one-get-one freeでなく半額セールとすること(特にアメリカ)

・農家:形の悪い食料も売るようにする

・消費者:食べ残しをしない

どうしても出てしまう食料廃棄物は、人に配る→動物に与える→工業で使う→土壌の開発に用いる→捨てる、という優先順位で対応します(米国環境保護団体)。上の図(Food recovery hierarchy)はそれを示しています。

私達にできることは、食べ残しをしないこと。子供には食べ残しをしないよう教育するのに、大人がしていては。。。私達が、普段から食べ残しをしないよう意識しなくてはなりません。これが地球温暖化の防止を始めとする、planetary healthにつながっていきます。

何故この記事を書いたか

これが言いたいことです。「ヒトへの健康」の科学的根拠も「planetary health」への配慮も、大まかには変わらないということです。どういうことでしょうか?

****

疫学研究での「ある食事の健康への効果」は、平均因果効果(average causal effect)として推定されます。これは例えば、「地球人がアルコールを飲んだことによりどれくらい癌のリスクが上がるか」の程度を意味します。最も質の高いエビデンスは、たくさんの人種を全て対象にした大規模研究(メタ解析)です。アルコールだと、2018年の195カ国のメタ解析でしょう(Lancet. 2018;392(10152):1015–1035.)。この記事にも書きましたが、この結果が日本人に当てはまるものだとは到底思えないので、個々の行動や国の政策はその集団ベースの疫学研究結果に基づくべきです(日本人とロシア人で効果が違うことは容易に想像できます)。が、繰り返しますが、最もエビデンスレベルの高い=最も普遍的真理に近い因果関係とは、このような大規模研究の結果から推論されます。

裏を返せば、「あなた個人が酒をたくさん飲んでいるからといって、癌になるとは限らない」ということです。これは「あなた」という個人での因果関係を言及しており、平均因果効果のアプローチでは推察できませんお酒を飲むのはあなたですが、癌になるのは「あなたを含む地球人という母集団(での確率)」なわけです。これが平均因果効果の理論の根幹かつlimitationです。

つまり、planetary healthを考えることと何ら変わりがないということです。planetary healthはどう意味を持つかと言うと、地球人という種を温存するために、個人がどう行動すればよいかという指針です(Lancet. 2019;393(10170):447–492.)。食料廃棄物を減らすのはあなたですが、それによる恩恵を受けるのは「あなたを含む地球人という母集団」です

平均因果効果だけでなく、中心極限定理に代表される統計学がこのフレームワークに基づいています。なので、現代主流の臨床研究や疫学のアプローチは全て、planetary healthを考えることに収束していく、と私は考えています。これと異なる考え方が、individual treatment effectだったり、precision medicine, personalized medicineなわけです。

******

ここまで意識している研究者は少ないかもしれませんが、これが本質だと思います。ちょっと難しかったでしょうか?また他の記事でも説明していこうと思います。

結論

食べ残しをしない事は、アルコールを飲みすぎない事と同じレベルの事を言っている。だから食べ残しをしないようにしよう。

ではまた。

-食事と健康

Copyright© Riklog – 信頼できる医療知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.