【騙されてはいけない】因果関係と相関関係の違いをはっきりさせる

〇〇塾、東大医学部1000人合格!

これ「〇〇塾にいけば東大医学部に受かる可能性が上がる」と解釈してませんか?

そんなあなた、残念ながら相関関係と因果関係を混同しています。

相関関係と因果関係を曖昧にするのは、世の中の偽情報・詐欺情報の常套手段です。

少しでも怪しい方、ここで白黒つけましょう。

 

 

因果関係と相関関係の決定的な違い

因果関係と相関関係の決定的な違い

 

最初に結論です。

テニス部のやつはモテる」は相関関係。

あいつはテニス部だからモテる」が因果関係。

 

そんなの知っとるわい!!!!

と思うかもしれません。

 

それでは、これはどうでしょう?

YesかNoで答えてください。

 

<初級>

まわりで糖尿病になった人はみんなチョコレート好きだ。

だから糖尿病にならないためにチョコレートは控えた方がよい。

 

<中級>

妊娠中喫煙していると、低出生体重児のリスクが増える。

でも低出生体重児のなかで、母が妊娠中に喫煙していた児の方が、そうでない児より死亡率が低い(これは事実です)。

だから妊娠中喫煙した方がよい。

 

****

わかりますか?

その答えの理由をはっきり説明できますか??????

ちょっとでも自信が無い方、因果関係と相関関係をごっちゃにしている可能性がありますよ!!!

ごっちゃにしていると、世の中の詐欺情報に騙される可能性が高まります

ここではっきりさせましょう。

 

ちなみに2問目をTwitterでアンケートしたらこんな結果に:

 

答えは記事後半で!

 

 

相関関係ってなに?

・鉄緑会の生徒は東大合格率が高い

・テレビ出ている知識人は留学経験のある人が多い

・成功している人はとんでもない苦労をした人が多い

・Facebookやってる人はおじさんばっかり

 

こういうのが相関関係です。

「相関関係=〇〇と■■の単純な関連性を示したもの」

これは簡単ですね。

 

大事なのは、相関関係があるからといって因果関係はいえないということ!

 

・鉄緑会のおかげで東大に合格できるとは言えない。

 ⇒そもそも鉄緑会には学力がないと入れない(僕の時代はそうでした)

 ⇒単に入っている生徒のレベルが高いだけかも

・留学してもテレビに出られるわけではない。

 →喋りがうまい人だったり後に成功するpotentialがある人が、留学という選択肢を取る可能性が高いだけ

・苦労すれば成功するわけでないですね。

・おじさんだからFacebookしているわけでないです。

 →ただしこれは一部因果関係を捉えている可能性があります

 

OKですか?

続きまして、因果関係とはなにか。

 

 

因果関係ってなに?原因ってなに??

因果関係ってなに?原因ってなに?

「因果関係=〇〇により■■となること」

です。

が、これどういうことなのでしょう?

深く考えていくと泥沼にはまります。

そんなあなたに、「タイムマシン論」を紹介します。

 

****

 

テニス部だからモテる、というのが因果関係でした。

実際、高校2年生のあなたはテニス部でモテモテだったとします。

どうやったらこの因果関係を言えるか?

⇒タイムマシンで入学時に戻って卓球部に入部、高校2年生でモテモテか、がわかれば良いのです

⇒モテていなければ、今実際にモテているのはテニス部に入っているおかげだ、と言えます。

これがタイムマシン論。

 

****

 

でもタイムマシンは、今のところありませんね。

じゃあどうやって因果関係言えるのか????

 

逆に、なぜタイムマシンで因果関係が言えたのか、考えてみましょう。

それは、同じあなたという存在で、部活だけが変わった状態を評価しているから。

言い換えると、部活以外が同じ性質の2人を比較しているから、となります。

これを理解することが非常に大事です。

 

実際に、例えばサプリで健康になれるか(という因果関係を)確かめるには、ランダム化試験が行われます。

10000人には毎日プラセボ(偽薬)を飲んでもらう。

10000人には毎日サプリを飲んでもらう。

これで10年後の心筋梗塞やがんの発症率を比較する、といった具合です。

なぜこれで因果関係が言えるかというと、平均すればその10000人ずつのグループは同じくらいの性質となるからです。

 

大事なので繰り返します。

「同じくらいの性質をもった集団」の比較でしか、因果関係は言えません!!!

 

*タイムマシンの例は「個人」での因果関係を言っています。

でもそのためには、同じあなたが2通りのシナリオを経験しないといけない。

つまり、基本的にはタイムマシンが無い限り、個人の因果関係はいえません。

集団での因果関係を、個人に当てはめて考える、というのが通常の考え方です。

あくまで集団での平均した効果であり、あなたにどう影響するかはわからない、というニュアンスです。

 

 

なぜ相関関係=因果関係でない??

✅相関関係は、単純にテニス部である割合とモテている割合の比較。

✅因果関係は、その他の条件が同じ集団において、テニス部である割合とモテている割合の比較。

因果関係は、フェアな比較でしか言えない!!

 

では、なぜ相関関係=因果関係でないか??

だって、そもそもリア充キャラがテニス部を選んでるかもしれないですよね。

テニス部だからモテてるんじゃなくて、リア充キャラだからモテてるわけです。

 

一般的に言えば、

・テニス部入部の原因となり、かつ高2時点でモテてる原因となる要素

があるから、相関関係=因果関係で無いのです。

*ちなみにこういう要素を交絡因子と言いますが、用語はどうでもいいです

 

 

では、最初のなぞなぞ解説に移りましょう。

 

<初級>

まわりで糖尿病になった人はみんなチョコレート好きだ。

だから糖尿病にならないためにチョコレートは控えた方がよい。

 

1文目は相関関係、

2文目は因果関係を言っています。

だからこれは誤りです。

 

例えば、チョコレートが好きなのは、概してコカコーラが好きです。

糖尿病の原因は、チョコレートでなく、砂糖入りの飲料かもしれません。

*実際科学的根拠として、チョコレートは糖尿病の罹患リスクを下げるかもしれません(Nutrients. 2017;9(7):688.)。

 

 

<中級>

妊娠中喫煙していると、低出生体重児のリスクが増える。

でも低出生体重児のなかで、母が妊娠中に喫煙していた児の方が、そうでない児より死亡率が低い(これは事実です)。

だから妊娠中喫煙した方がよい。

 

これは誤りなのですが、ちょっとだけ複雑です。

上の文は全て因果関係を言っていますが、他の要因を無視しています。

多くの要因が考えられますが、ここでは一番重要と思われるものを紹介します。

 

✅生まれてきた低体重児は生きる力が強い子

妊娠中の喫煙というのは、低出生体重のリスクのみならず、そもそも流産・死産の原因になります。

母が妊娠中に喫煙してきても生まれてきたというのは、そのプロセスを耐え抜いた、生きる力が強い児なのです。

一方、妊娠中に喫煙していない母から生まれてきた低体重児は、そのプロセスを経験していない。

つまりフェアな比較でないのです。

わかったでしょうか?

*より正確にはこれはselection biasの一例です(詳細はこちら

 

 

 

結論

比較する集団の性質が同じくらいであれば、相関関係=因果関係。

それ以外の場合は因果関係を言えない。

相関関係は言うに易し。因果関係は証明が難しい。

騙されないようにしましょう。

ではまた。

-基本

Copyright© Riklog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.