食事とか栄養ってどうやって測定するの?【エビデンスの源】

肉が体に悪い、野菜が体にいいとか、

サプリはあんまり意味がないとか。

このブログで色々と紹介していますが、それら全てが疫学研究に基づいています。

でも、具体的にはどうやって「食事」を評価しているのでしょう?

この記事では、「研究の食事評価法」をざっくり簡単に紹介してみます。

 

 

食事とか栄養ってどうやって測定するの?

食事とか栄養ってどうやって測定するの?

この記事で解説しているように、エビデンスと言われるものは

· ランダム科試験

· 観察研究(コホート研究がメイン)

をベースにします。

 

この記事では観察研究についてみていきます(食事をランダム化するのは難しいのでした)。

 

観察研究というのは、ざっくりと:

· 食事の情報をとる

· 交絡因子の情報をとる

· フォローアップして、疾患が発生するかみる

· 統計モデルで、「交絡因子で調整した上で、食事の情報は疾患発生と関連するか」評価する

という流れです。

 

さて、ここでの問題は、

どうやって食事の情報をとるか。

これが根本の根本です。

 

しかし、実は「これやれば完璧や」という方法はありません。

主たるものを3つほど紹介します。

 

 

Food Frequency Questionnaire(FFQ)

一番よく使われるのが、いわゆる質問票=アンケート

略してFFQと言われます。

 

このアンケート、何でもいいわけではもちろんありません。

基本的には

「1年間平均して〇〇を週何回くらい食べましたか」

という項目を、たくさんマークシート方式で答えるというもの。

 

内容は、栄養学者が考えて考え抜いたアンケートを使う必要があります。

当然国や文化ごとに食習慣は異なるので、このアンケートを作成→立証するというのも、栄養疫学では大きな研究テーマとなります。

 

<重要ポイント>

質問項目は、当然食事の内容です。

サプリの服用の項目はありますが、栄養素の項目はありません

1日カリウムをどれくらいとってるか?なんて誰も答えられませんよね。

でも研究では「栄養素」の評価も必要。。。

 

どうしているかというと、

FFQで評価した食事内容を栄養素に変換する式を使うのです!

この式は、研究室で、それぞれの食物が含む栄養素を解析して作ったもの。

有名なのはハーバードのものがあります(Harvard Food Composition Database)。

 

****

さて、このFFQ、想像の通り一番簡単な方法で、何万人にも一気に行える、研究向きのもの。

ですので一番よく使われますが、ポイントがいくつかあります。

これらを知っていると、エビデンスの理解がより深まります。

強みと弱みにわけてみていきましょう。

 

<強み>

✅研究参加者にとって簡単(マークつけるだけ)

✅コスト低い

✅「1年の平均摂取量」が推定される

 →これは大事。健康に関連するのは「今日の食事」でなく「平均してどんな食生活か=食習慣」です

 

<弱み>

✅ざっくりしすぎているので、「絶対的な摂取量」としては使えない

  →他人と比較した「相対的な評価」として使います

  →つまり、FFQで「あなたの塩分摂取量は1日平均6gでした」と計算されても、その6gは真実を反映していないということ。

  →8g摂取の人と比較して摂取量は少ない(だろう)という示唆です。

✅その質問票があなたの食習慣を反映しないかもしれない!!

 →アメリカのFFQには「納豆」「味噌汁」という項目がない!

 →文化ごとに作る必要がある

✅ものによっては正確さに欠ける

 →結局「だいたいの食習慣」がわかればよく、それはFFQがうまく機能するのですが、

 →例えば「塩分」なんかは、実際とかなり誤差があることが有名です

✅最近の食習慣によるバイアス

 →知りたいのは過去1年間の習慣ですが、1年前の食事なんてあまり覚えてませんよね

 →例えば、ここ1ヶ月健康的な食事をしていると、それとして報告してしまいがちです

✅誤差がランダムでない可能性がある

→例えば「味噌汁」という項目のないFFQに日本人が答えたとします

→すると、日本人の「塩分摂取量」は、味噌汁摂取具合によって過小評価されます

→この誤差はランダムではありません

→この誤差を補正する方法がありません

*研究者用語で、「differential measurement error」といいます。

 

ざっくりまとめれば、「FFQは簡単でコストが低いが、ざっくりしすぎている」ということです。

 

 

7-day diet record (7DDR)

これはかなりきついやつです。

何か食べる/飲むたびに、「どういう調理法でつくられた」「何を」「どれくらい」食べたか、逐一記録します。

だいたい3-7日を2セットおこないます。

 

想像すればわかりますが、

·ちょっとコーヒーのんだ

·昼飯は色々ついてるセットだった

とか、、、かなりキツいことが容易に想像されますね。。

 

なんでまあこんなキツいことをやるかというと、これが一応「一番正確に食習慣を反映する」とされているからです。

強みと弱みをみていきましょう。

 

<強み>

✅定量的に食事、栄養素の摂取量が測定できる

絶対評価として使える、ということです

✅記憶力が関係ない(その場で記録するから)

✅特に文化背景が異なる集団を調査するときに便利

→ある文化圏でしか食べられないものも含め、網羅的に情報をとれる

 

<弱み>

✅かなりキツい

→参加者のトレーニングが必要だし、モチベーションが高い人しかできない

✅日に日に疲れてくるので、7日が限界

✅記録するのが面倒で、普段の食習慣を反映しないかも

✅参加者の記録から摂取量を復元する作業が大変

 

以上から、7DDRは、

基本的には一番正確に反映するが、コストが高い+数日の調査が限界

という感じです。

 

*この記事で解説している私の研究では、FFQと7DDRの両方を使って食事を評価しています

→しかも、両方、2回の測定を平均しています

→このようにして測定誤差を最小化しています

 

 

思い出し法(24-hour recall)

最後に思い出し法。

昨日1日で食べたものを、翌朝インタビューで記録する、というもの。

1日の食事しか計測できない難点がありますが、これもよく使われます。

 

<強み>

✅低コスト

✅簡単

✅参加者が答えてくれやすい

✅詳細な食習慣を聞ける

✅この調査のために食習慣を変えるリスクが少ない

✅絶対量として調査できる

✅文化が異なっても使える

 

<弱み>

✅インタビュアーのトレーニングが必要

→中立的(主観を排除)で、文化背景をよく知っている必要がある

✅記憶力に依存する(特に摂取量)

✅食習慣を反映させるには、何回も行う必要がある

 

ざっくり言えば、体制を整えれば良い方法だが、食習慣を反映させるために何回も繰り返し行う必要ある、といった所でしょう。

 

 

まとめ

以上、FFQ, 7DDR, 24h recallを紹介しました。

とは言っても、やっぱりコストは重要な側面なので、ほとんどの研究はFFQをベースにしているのが現状です。

でもFFQは「ざっくり」なんですよ、という認識があるとgood。

ではまた。

-基本

Copyright© Riklog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.