パラシュートは落下による事故を防止するか?!

パラシュートが落下事故を防止するか。

防止するに決まってる、と思いますか。ではそのエビデンスは?

実は、このトピックに関するランダム化試験のメタ解析があります。

少し古い(2003年)文献ですが、これを紹介します。

示唆に富む研究です。

 

 

パラシュートは落下による事故を防止するか?!

パラシュートは落下による事故を防止するか?!

紹介する研究は、2003年にBritish medical journalという権威ある医学誌に発表された、ランダム化試験のメタ解析です(BMJ 2003;327:1459–61)。

 

タイトルは

「Parachute use to prevent death and major trauma related to gravitational challenge: systematic review of randomised controlled trials」

日本語では、

「パラシュートにより落下による外傷を予防できるか」

 

パラシュートをしないことで重大な外傷につながることは、観察研究では示唆されています。

パラシュートなしで飛び降りて重大な外傷をおった症例は、多数いますね。

しかし、観察研究では因果関係は言えません

→因果関係とは、「パラシュートをしなかったから・・・」ということ。

よってこの研究では、パラシュートの有無をランダム化した研究のメタ解析を行いました。

 

 

結果は?

Medline, Web of Science, Embase, Cochrane libraryといった主要な医学データベースを網羅的に検索しました。

 

結果、一つも文献が見当たりませんでした。

 

 

解釈は?

当然やろ!!

と怒る前に。

これはBMJという権威ある医学誌に発表された研究ですよ・・・

 

簡単にいうとこれは、「ランダム化試験が絶対のエビデンス」だとしている医学研究の状況に対するアンチテーゼです。

 

観察研究とランダム化試験の結果が一致しないことは度々みられ、それによりランダム化試験がエビデンスのスタンダードとなった経緯があります。

*例えばこちら参照。

しかし、観察研究が示唆することもある。

あと、ランダム化試験ができないものもある。

パラシュートが最たる例です。

だれも、パラシュートなしに飛び降りたくありません。

 

観察研究で重要なのは、如何にバイアスが排除できるかということ。

交絡はないか、selection biasはないか。

ランダム化試験が行われるのは、ランダム化により交絡を排除できるからです。

でももし効果が明らかなら、ランダム化を行う必要もありません

当然。

 

そもそも、ランダム化試験は「controversialなもの」「効果が少ない〜中等度のもの」の白黒をはっきりさせる手段です。

パラシュートが外傷を防ぐ効果ははっきりしすぎていて、この意味からもRCTを行う対象となりません。

 

 

最後に。

論文の ”What this study adds” には、こう書かれています。

Individuals who insist that all interventions need to be validated by a randomised controlled trial need to come down to earth with a bump

 

 

結論

ランダム化試験至上主義の人は、パラシュートなしでスカイダイビングしてみると良い。

ではまた。

-基本, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.