「〇〇は健康にいい」という情報を疑おう

巷でよく「〇〇は健康に良い、悪い」と言われています。が、それは本当ですか?

そういった発言の根拠、発言をした意味は何なのでしょう?

ヘルスリテラシーとは、健康に関する様々な情報を疑い、取捨選択できる能力を言います。この記事では、とても具体的なエピソードを使って、健康情報を疑うポイントを解説します。

 

 

「〇〇は健康にいい」という情報を疑おう

「〇〇は健康にいい」という情報を疑おう

 

仕事中同僚が、「チョコは毎日食べたほうが良いよ。カカオが健康にいいんだから」と言って、チョコを勧めてきたとします。あなたは「ありがとう」と言って、チョコを受け取り、食べました。さあ、このチョコは健康に良かったのでしょうか?

そんなわけ無いじゃん、と思う方が多いと思います。1回チョコを食べただけで健康がよくなるならみんな食べますよ、と。では、その同僚のアドバイスに従い、その日から「おやつにチョコレートを1枚毎日食べる習慣」となったとします。これは健康に影響するでしょうか?

毎日甘いものをそんなに食べていたら糖尿病になるよ、とおっしゃるかもしれません。一理あります。では同僚の「カカオが健康に良いからチョコは毎日食べたほうが良い」発言は、全くの誤りだったのでしょうか?

 

***********

あなたは年末年始の休暇、実家に帰省しました。母親に普段何食べているの?と聞かれ、「コンビニ弁当だよ」と答えました。母が「そんなの健康に悪いじゃない。自炊しなさいよ」と言ってきたので、少し反論したくなり「自炊したって結局ご飯とおかずを食べることには変わりないでしょ」と言ってみました。

すると母は「でも味噌汁が体にいいのよ。大豆がいいっていうでしょ」。確かに大豆は体に良いとよく聞きます。やっぱり味噌汁は飲んだほうが良いのかな?でも塩分多いし、議論の余地がありそうにも思えます。

 

こういう話は日常会話でよくあります。でもほとんどの方は、それが本当に正しい情報か、調べようとしません。しかしよく考えると、これらはとても大事な情報で、自分の毎日の行動に関わります。本当はどうなんでしょうか?

こう疑ってみる事が、ヘルスリテラシー獲得のために大事なステップです。

 

 

巷にあふれる「健康にいい」根拠

気になったあなたは、Googleで「チョコ 健康」と調べてみました。

ある会社のHPで「チョコを食べると血圧やコレステロールが低下した」という報告をみつけました。更に、「チョコが含有するポリフェノールは抗酸化作用があるから体に良い」という記述も見つけました。そして「チョコは低GI食品だから、食後急激に血糖値を上昇させない」ことも分かりました。

なるほど、チョコは健康に良いんだな、と思いました。

 

次に「味噌汁 健康」と調べました。

「味噌汁はそんなに塩分を含んでない」「発酵食品であるので、腸内環境を整える善玉菌をもつ」「出汁がミネラル豊富であり、栄養失調に効果的」であることがわかりました。

母の言うことは正しかった、と思いました。

 

********

しかしここで止まってはいけません。本当にそれらの根拠は信頼に足るのでしょうか。

答えは残念ながら、ノーです。信頼できる根拠とは言えません。

 

 

健康にいい根拠とは?

健康にいい根拠とは

 

そもそも「健康に良い」とはどういう定義なのでしょうか?癌にならない、心筋梗塞にならない、死亡率が低下する、これらはまず健康に良いという定義に合致します。血圧が低下する、コレステロールが低下する、血糖値が低下する、これらも健康に良い気がします。腸内環境がよくなる、はどうでしょうか。よく実感できませんね。

「チョコが健康に良いか」「味噌汁が健康に良いか」ということは、誰もが知りたい公衆衛生的に重要なトピックであり、世界中の疫学者が研究しています

「健康に良い」という科学的な定義に従って(例えば死亡率)、数万人という対象者にて、これらを検討するのです。

 

例えば、味噌汁を毎日飲んでいる人とほとんど飲んでいない人を比較し、死亡率や癌の発生率などを比較します。

鋭い方はこうおっしゃります。「味噌汁の飲む人と飲まない人はそもそも全然違うから、フェアな比較にならない」と。

そのとおり。実は味噌汁飲まない人の方が喫煙率が高いかもしれません。そうすると、喫煙のせいで、味噌汁を飲まない人は肺がんの発生率が高くなってしまいます。

→そういうことを考慮して「その他が同じ条件であったと仮定したときに、味噌汁の違いが癌発生率に関係有るか」を調べるのが疫学者の仕事です。

 

彼らの研究結果=エビデンス、というものが、健康に良い根拠です。エビデンスを鵜呑みにするのは良くないという指摘がありますが(それも確かですが)、そもそもエビデンスを知らずして健康を語るのはナンセンスなわけです

どういうエビデンスがあるのか知ることが、ヘルスリテラシー獲得のため重要な事項です。

 

 

こういう話は信じていけない

では、チョコの「カカオの抗酸化作用」「低GI食品」、味噌汁の「腸内環境を整える」「ミネラルが豊富」という記述は、エビデンスでは無いんでしょうか?

そのとおりです。こういう話は、もっともらしいけど信頼性が低い情報なのです。

食事に関しては、「栄養素の健康効果を語る情報」は信頼性が低いのです(詳細はこちら)。

 

では、会社の実施した研究結果はどうでしょうか?エビデンスらしい記述です。

が、これも信頼性が低い情報だと考えます。

 

なぜそう言えるのでしょうか?それは、実際の疫学研究をみてみれば一発でわかります。

 

チョコの本当の健康効果

チョコと健康効果の最新のメタ解析を紹介します(Nutrients. 2017;9(7):688. )。このメタ解析は、今までのコホート研究のまとめです。計50万人、5年〜16年の追跡期間で、冠動脈疾患、脳卒中、糖尿病の発症とチョコレートの摂取量の関係を検討しています。

結果:

・チョコレートを最も多く食べている人は、最も食べていない人と比較し、冠動脈疾患が10%低下、脳卒中が16%低下、糖尿病が18%低下しました。

・チョコレートの量と糖尿病の発生率を比較すると、週2回食べる人が最も低い糖尿病発症率であり、それ以上食べると徐々に糖尿病リスクが上がりました。

 

よって、冠動脈疾患と脳卒中は、チョコを食べれば食べるほどリスクが減り、糖尿病は、チョコを食べすぎるとリスクが増えることが示唆されました。

 

※実は、50万人もの人を対象としたこの研究でさえ、「チョコを食べたことで脳卒中リスクが減る」という因果関係は直接言及できないのです。これはコホート研究というデザインの限界です。

→「色々同じ条件で、チョコをたくさん食べる事と脳卒中リスクが低いという相関関係がある」という解釈にとどまります。

 

味噌汁の本当の健康効果

大豆と胃癌について検証した最新のメタ解析を紹介します(Medicine (Baltimore). 2017;96(33):e7802.)。計50万人の研究です。

結果:

・大豆の消費量が一番多い群は、最も少ない群と比較し、胃癌発症が22%低い結果となりました。

・味噌汁を1日1杯/3杯/5杯飲むと、胃癌発生がそれぞれ14%/ 29%/ 34%高い結果でした。味噌汁と他の大豆製品の違いは塩分含有量にあるので、味噌汁による胃癌発生は塩分摂取過多による可能性が高いと考えられました。

 

※この結果はバイアスが取り切れていない可能性があり、因果関係として解釈できないと思っています(詳細はこちら)。

 

一方、納豆と味噌汁を’発酵性大豆製品’として評価した最新の日本のコホート研究では、発酵性大豆製品は死亡率低下に関連することが示されました(詳細こちら)。

 

科学的には、味噌汁は健康に良さそうですが、塩分摂取量を介して胃がん発症に関わるかもしれない事が示唆されました。

 

 

なぜ不確実な健康情報を流すか

現時点で信頼できる情報は、「チョコは心筋梗塞や脳卒中を減らすかもしれないが、食べ過ぎは糖尿病のリスクにつながるかもしれない」、「味噌汁は死亡率を減らすかもしれないが、たくさん飲むと塩分摂取過多となり胃癌の発生率を増やすかもしれない」ということでした。

最初に提示したどの情報も信頼性が低いことが分かったと思います。

★栄養素の観点で考えても、これらの結論は絶対に出せません。栄養素は、食事の健康影響を説明する方法の一つであり、それ自体が直接健康影響を示すことはまれです。何十万人を対象とした疫学研究が必要なわけです。

そして残念ながら、疫学研究の情報は多くの人には知られていません。。

 

企業の研究は、HPにある通り300人程度、数週間のフォローアップの研究です。これでは健康効果はわかりません(ランダム化研究だとしても信頼性に欠けます)。

上に紹介した研究はメタ解析ですが、メタ解析の元論文も数万〜数十万人を年々もフォローアップした研究です(コホート研究ですが)。

ここで言えることは、300人程度の企業主導の研究だと、論文出版に足る信頼は得られないということです(もし論文出版できたらそれを明記しています)。仮に論文出版できたとしても、その論文の質(ジャーナルの質)は概して低いです。

※もちろん、企業とアカデミアが連携して非常に質の高い研究を行うこともあります。そのような研究は、だいたい参加人数が数千〜万人単位です。

 

*******

では、なぜ不確実な健康情報を流すのでしょうか?

誤っている健康情報を流す方は、信頼性の高い情報へのアクセス・その解釈法を熟知されていないのかと思われます。

企業のモチベーションは明らかで、その商品(チョコ)を売りたいがためです。

 

まあ、「〇〇が健康に良い/悪いらしい」と聞いた所で、どの程度自分の生活習慣が影響されるかは不明ですが。

でも、正しい情報に基づいて自分のルーチンの食事だったり生活習慣を設計することこそ、生活習慣病のリスクを下げる一番の方法と言えます。

是非正しい情報にアクセスし、それを有効活用できるようになりましょう(このブログで紹介しています)。

 

 

結論

不確実な健康情報に騙されないことが、個人にとっては非常に大事です。

「栄養素の情報」「企業の研究結果」は信頼性に乏しいです。少なくとも、そういった情報の信憑性を疑えるようになりましょう。

ではまた。

-基本

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.