アマビエって知ってる?【JAMA論文】

みんな知ってる、日本の妖怪です。

これが世界的な医学雑誌JAMAに取り上げられました。

僕もアマビエを書いてみました。

 

 

アマビエって知ってる?

アマビエって知ってる?

肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物がおこったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされる – Wikipedia

 

アマビエは海に住む妖怪。

江戸時代後期、アマビエのスケッチはかわら版で広まりました。

 

なんとアマビエが世界的な医学雑誌JAMAに取り上げられました(JAMA 2020 10.1001/jama.2020.12660)。

東大の先生が書いた論文です。

どんな内容だったのでしょうか?

 

******

「疫病(新型コロナ)退散にアマビエの力を借りよう」

Twitter上でアマビエのイラストが流行りました。

#アマビエチャレンジ

見たことないでしょうか。3-4月あたりの事です。

 

日本政府も自粛要請の伝達にアマビエの力を借りました。

コロナ接触確認アプリ「COCOA」にもアマビエが出てきます。

 

なんでアマビエがこんなにも流行ったか?

キモかわいい

ヘタウマ

だからじゃないか、と考えられます。

(キモかわいい・・・・か?)

 

 

アマビエを描いてみた

この論文を取り上げた以上は自分で描かないわけにはいきません。

ちなみに僕は絵心ゼロ。

むかしジャガイモを三角にかいてました。

美術は常に3以下。

 

そんな僕が書いたアマビエはこちら:

 

新型iPad Pro+Apple Pencil2という文明の機器を駆使しました。

ではまた。

-COVID, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.