血圧コントロールはこの20年でどうなった?

降圧薬がどんどん開発され、血圧管理の重要性が非常に強調されるようになってきました。

でも依然として高血圧の方は多い印象があります。

実際この20年で、どれくらい血圧コントロールがよくなったのでしょうか。

これをまとめた大事な報告を紹介します。

 

 

血圧コントロールはこの20年でどうなった?

血圧コントロールはこの20年でどうなった?

食事、運動、喫煙、睡眠、ストレス。

血圧のリスクは日に日に明らかになり、高血圧の治療薬もたくさん開発されました。

血圧のスクリーニングはいたるところで行われ、治療介入の機会もたくさんあります。

なのに、、、血圧高い人、多くないですか。

 

今回紹介する研究は、1999-2000年と2017-2018年で、「血圧コントロールできている人」の割合を比較したものです(JAMA 2020 10.1001/jama.2020.14545)。

 

 

どういう研究?

いわゆるcross-sectional studyです。

NHANESというフリーのデータベースを使用しました。アメリカのrepresentative populationを反映していると言われています。

*NHANESは、アメリカの医学生や研修医がみんな論文を書くために使うデータベースとして有名です。

 

・高血圧患者を対象とし、

・血圧140/90未満の人の割合を(アウトカム)、

・年齢で調整して、

・年次ごとに(暴露因子)

比較しました。

 

 

結果

グラフ一発です。

血圧の推移

血圧の良好なコントロールが得られていた高血圧患者の割合は、

・1999-2000年で31.8%だったのが

・2013-2014年で53.8%まで増え、

・2017-2018年で43.7%に減りました!!

 

保険がない人は特に血圧のコントロールが悪い傾向にありました。

人種も関連性がありました。

アメリカの特徴ですね。

 

 

解釈は?

血圧コントロールが良い方、だんだん良くなっていったといっても半分程度

おそらくCOVID-19の影響で、今年はかなり悪い結果となりました。

 

医者として、高血圧患者の対応自体は、複雑な側面もありますが、そこまで大きな問題ではない。

例えば循環器内科医はかなりしっかり血圧コントロール傾向にあり、自分の外来でもほとんどの患者さんが130以下となっていました。

*もちろん高齢でADLが低下している方など、コントロールは弱めます。そこら辺は臨床医のさじ加減です。

 

でもこのデータをみて思うのは、populationを対象と考えた高血圧対策が如何に難しいか、ということ。

病院にちゃんと通ってくれる方なんて、ほんの一部なんです

そりゃそうですよね。高血圧なんて大抵の場合症状ないし、アメリカでは医療を受けるのに多大なコストがかかります。

気持ちはすごいわかります。

なので、(高血圧患者の治療戦略という課題ではなく)構造的な問題=政策的な課題、なのです。

 

日本の状況はましだと思いますが、データとして見てみたい所です。

おそらくコントロール悪い人はそれなりにいると思います。

彼らに如何に医療を提供するか、これがchallengingな課題です。

 

*そのほかにも色んな問題が内包されている、考察しがいのある結果です。

 

 

結論

血圧コントロールが悪い患者はまだまだいっぱいいる。

ではまた。

 

-心臓病, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.