新型コロナウイルスに対する抗体について知ろう

新型コロナウイルスに対するPCR検査はあまり信頼できない、とよく言われています。

それに代わるものとして抗体検査があります。

IgGとIgMが主な抗体ですが、それは感染後どのように経過するのでしょうか。

この記事では抗体に関する大事な報告を紹介します。

 

新型コロナウイルスに対する抗体について知ろう

新型コロナウイルスに対する抗体について知ろう

PCRは限界があります。

感度が低すぎるのです。

→陰性でも感染していないと言えません。

 

注目されているのが抗体検査。

肝炎ウイルスの検査では当たり前のように行われているものです。

イムノグロブリンM(IgM)やIgGが感染の指標になります。

 

重要なのは、感染後どういうタイミングでIgGやIgMが上昇してくるか

これを検証した初めての研究がNature Medicineに発表されたので、これを解説します(Nature Medicine 2020)。

中国からの報告です。

 

 

結果は・・・期待できそう

COVID-19患者285人が対象→そのうち70人が経時的に抗体を検査していたので、彼らの報告です。

結果はこの通り。

結果は・・・期待できそう

・IgGは発症17-19日後には100%陽性

・IgMは発症20-22日後に94%陽性

となりました。

どちらも陽性率は日を追うごとに上がっていきましたが、3週間後IgMの陽性率は少し下がる傾向が見えました。

 

✔重症患者は非重症患者に比べ、発症後8-14日のIgG陽性率が高い傾向にありました(図は割愛)。

 

✔最初IgG、IgMが陰性だった26人の患者においては、

・全員20日以内にはIgGかIgMが陽性となりました(セロコンバージョン)

・陽性となる期間の中央値は発症後13日でした

・IgGとIgMどちらが先に陽性になるかは、人によりました

 

 

抗体検査は使えるか?

続いて、この抗体検査が使えるか検証しました。

 

・COVID-19が疑われるがPCRが2回陰性だった52人に対し、抗体検査を行いました。

→そしたら、4人がIgGかIgMのどちらかが陽性でした。

 

抗体検査は使えるか?

・濃厚接触のある164名で、暴露後30日以上して採取した血液で検証しました(上図)。

16名はそもそもPCR陽性、彼らは抗体も陽性でした。

PCR陰性だった148人のうち、7人が抗体陽性でした。

164名中10人が、無症候かつ抗体陽性でした。

 

 

感想

かなり小規模の研究でselection biasが強いと思いました。

しかし、感染すればIgGかIgMは陽性にはなるようなので、既感染の判断には使えそうです。

 

・B型肝炎ウイルス等他のウイルスでは、まずIgMが増えてきて続いてIgG、という経過が多い印象ですが、新型コロナウイルスはそうでないのかもしれません。

IgG又はIgMの陽性という方法で既感染のスクリーニングをしていくことになりそうです。

 

・PCRは感度が低く、陰性でも感染していないとは言えない、と指摘されてきました。

実際は発症後すぐでは、4/52 (8%)がPCR陰性+抗体陽性でした。

抗体検査で拾いきれてもいませんが、PCRよりよいのかもしれません。

 

いずれにせよ疫学研究としては小規模かつ不完全(システマティックに行われていない)ので確定的なことは言えませんが、なんとなく使えそう、という印象がもたれます

 

ではまた。

-COVID, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.