コロナで不安障害は増えたか

世間の雰囲気はだいぶ変わりました。

マスクに過敏になったり、連日テレビで新型コロナの報道が行われたり。。

不安障害の方が増えてもおかしくありません。

今回紹介する報告は、Googleの検索機能を使った研究です。

 

 

コロナで不安障害は増えたか

コロナで不安障害は増えたか

最近はやや街も開放的になってきていますが、どうでしょうか。

コロナが原因で不安障害になった方、多いのではないでしょうか。

不安障害という診療診断に至らずとも、それに違い状態にはなっているのではないか。

 

今回紹介する報告は、Googleの検索機能を使った研究です (JAMA Intern Med 2020 10.1001/jamainternmed.2020.3305)。

 

 

どういう研究?

2004年1月1日から2020年5月4日までの間で、Google Trendsを用いて以下のクエリを調査しました:

panic attack, signs of anxiety attack, anxiety attack symptoms

 

そしてその検索量を

・2004年 1月1日〜2020年3月12日

・2020年3月13日以降

で比較しました。

*3月13日にトランプが非常事態宣言を出しました。

 

 

結果

11%の増加量でした。

絶対数としては、37万5千件の検索が増えました

 

しかし増えたのは3/16-4/14の間。

social distancing guidlineが発行されてから1ヶ月、ということ。

4/15にはクエリの数はもとに戻りました。

 

 

解釈は?

1ヶ月だけクエリの数が増えましたが、戻りました。

 

著者が考察している理由は、

1) アメリカ人はCOVID-19によるsocial falloutに強いか

2) 必要な人はその1ヶ月で需要を満たしたか。

どうなんでしょうね。

 

COVID-19が流行って、”anxiety attack”という検索をした人が増えたという報告ですが、単純ながら示唆に富むものです。

特に「スパイク状の需要増加があった」ということは、政策に反映され得ます。

つまり、検索数という指標で国民の需要を知ることができるので、それに応じて対策をねることができます

このケースだと、ホットラインなど。すでにイリノイ州で”Call4Calm”というホットラインがあります。

 

この手の疫学研究は、今後流行ってくることが予想されます。

 

 

結論

コロナの流行により”anxiety attack”という検索をした人が一時的に増えた。

ではまた。

-COVID, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.