新型コロナの無症候性患者って実際どれくらいいるの?

新型コロナの難しいのは無症候性感染です。

でも本当に完全に無症候性なのかというと、多くは検査の時に発症前だっただけ、という報告もあります。

実際どれくらいが無症候性なのか?

ダイヤモンド・プリンセス号の患者データを解析した研究が発表されました。

 

 

新型コロナの無症候性患者って実際どれくらいいるの?

新型コロナの無症候性患者って実際どれくらいいるの

新型コロナ検査で陽性となった症状がない患者。

完全に無症候性か単なる発症前なのか。

とても気になることですが、患者の追跡が難しかったりして、今まではっきりとした見解がありませんでした。

 

そんな中、この件に関して、今週のNew England Journal of Medicineに、ダイヤモンド・プリンセス号の患者データを解析した日本発の研究が発表されました(NEJM 2020 10.1056/NEJMc2013020)。

 

Correspondenceというletterのような小さくまとまった報告ですが、とても参考になります。中身をみてみましょう。

 

 

どういう研究?

ダイヤモンド・プリンセス号は3711人の乗客+クルーが全員検査され、712人がコロナに感染した、という事例でした。

712人のうち410人が検査時には症状がありませんでした。

 

この内、

・96人の無症候だけどPCR陽性の方

・32人のPCR陰性の方

が対象となり、その後の経過が追われました。

 

 

結果は?

年齢の中央値は59.5歳。

 

96人の無症候性PCR陽性例のうち、11人がその後症状出現しました。

つまり完全な無症候患者は89%

高齢であるほど、完全な無症候患者は少ない傾向にありました。

 

32人のPCR陰性の方の内、8人がその後(72時間以内に)陽性になりました。

→が、全員無症候のままでした。

 

無症候患者のうち、PCR陽性からPCR陰性が2回連続で出るまで(感染が治るまで)の期間は、中央値で9日でした。

PCR陽性後、8日目では48%、15日目では90%が、PCR2回陰性となりました。

高齢であるほど、陰性となるまでの期間が長い傾向にありました。

 

*だいたい1日おきにPCR検査が行われていました。

 

 

解釈は?

意外に無症候性が多い!という報告でした。

以前のアメリカ介護施設での報告とはちょっと異なります(この記事で解説済)。

母集団の違いにより、無症候性の割合がかなり異なることが示唆されました。

 

プリンセス号の乗客は、だいたい60歳くらいの元気な方。

そしてプリンセス号に乗るほどお金持ちです。

そういうselection biasはあります。

 

また、知りたかったのはどういう人種が対象となっていたか。

これはかなり重要な情報です。

ダイヤモンド・プリンセスのコロナ感染は1/3くらいが日本人で、他は様々な国から参加していました。

今回対象となった100人の国籍がどんな分布だったか、非常に興味深い点でした。

 

年齢が高いほど無症候が少ない、ということは予想されたことです。

元気さが少ないほど、発症するリスクは高いわけです。

プラス、もしかしたらアメリカ人・元気さということが影響して、以前の報告ではほとんど無症候がなかったのかもしれません。

アメリカの報告との違いは、年齢だけでは説明できないでしょう。

 

****

この解析対象が主に日本人であったと予想すると、元気な日本人は、無症候性+PCR陽性のpopulationのうち完全に無症候性が9割くらいあるという結果です。

症例数は少ないし上記のような強いselection biasはあるものの、9割はかなり多い。

よって「PCR陰性なら完全な無症候性患者は多いんだよ!」ということがそれなりに真実だと思われます。

 

無症候性+PCR陽性の方にとっては朗報となる結果でした。

 

 

結論

元気な人で無症候+PCR陽性であれば、症状でない確率はそれなりに期待できそう。

ではまた。

-COVID, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.