血液型0型だとコロナが重症化しにくい!?

ちょっと世間で話題になっている報告です。

O型はコロナ重症化しにくくて、A型は重症化しやすいかも!?

もし本当だったら、どれくらい違うの?

この研究が正式に論文発表されましたので解説します。

 

O型だとコロナが重症化しにくい!?

A型だとコロナに感染しにくい!?

ほんと?

なんで!?

と、大抵の方は思うと思います。

 

発表された論文は、

「Genome wide association study (GWAS) により、重症COVID-19に関連する遺伝子を検索した」

という趣旨のものです(NEJM 2020 10.1056/NEJMoa2020283

 

*GWASの原理はいつか説明しようと想いますが、簡単にはこういう流れです:

・遺伝子検査のクオリティが低い検体を除外

・検査で調べている遺伝子は限定的なので、imputationで塩基配列を予測、たくさんの遺伝子変異を調べる

・たくさんある遺伝子と疾患(アウトカム)の関連性(相関)を一気に調べる

・multiple testingという問題が生じるので、p<0.05をカットオフにできない

・multiple testingを考慮した、すごく低いp値の遺伝子変異をピック・アップする

 

解釈に重要な2つのポイントは、

・どういう母集団なのか

・アウトカムを厳密にどう定義しているか

 

これに注目して内容をみていきましょう。

 

 

どういう研究?

イタリアとスペインの7病院にて、1980名の重症COVID-19患者(酸素投与が必要で入院となった方)が対象です。

コントロールは同国から2381人:献血ドナーがメインで、消化器内科外来の患者なども含まれています。

 

*コントロール群のコロナに関するstatusは不明です。

 

詳細には、

GWASにてコロナ群vsコントロール群の遺伝子の違いを同定

...スペインとイタリアのデータ解析結果はメタ解析しました(fixed effect model; この記事参照

→血液型が関連ありそうだったので、年齢と性別(という交絡因子)を層別化することで調整した解析

という流れです。

 

 

結果は?

GWASでは、2箇所の遺伝子座における変異が、2群間で差がありました(カットオフ:p<5*10-8)。

 

・3p21.31

→ここで関連がありそうな遺伝子は6つありました

→SLC6A20:SIT1というトランスポーターをencodeしている。SIT1はACE2と関連性あり

(ACE2とコロナについてはこちら参照

CCR9:ケモカイン受容体

CXCR6:ケモカイン受容体、肺のT細胞を調整している

XCR1, LZTFL1, FYCO1:機序は論文中では触れられておらず

 

・9q34.2

→ここで関連がありそうな遺伝子はABO式血液型のものでした

 

次に、

血液型を暴露因子として調べてみると、コロナ群とコントロール群で血液型の分布に違いがありました!

A型vs他の血液型:オッズ比1.45

O型vs他の血液型:オッズ比0.651

 

*オッズ比はそれなりに違いました。

いわゆる確率(〜倍違う)とは違うので注意(こちら参照

 

 

解釈は?

イタリアとスペインにおいては、コロナ重症化した人の血液型の分布は、献血した人の分布と異なった

という報告でした。

注意すべきは、これは因果関係でないということです。

 

解釈の注意点は以下のとおりです:

相関関係であり因果関係ではありません

「O型にコロナ重症化した人が多い」であって、「O型だからコロナ重症化しやすい」と主張しているわけではありません

→その主張のためには、交絡因子で調整するなどする疫学研究が必要です

→この研究では年齢と性別でしか調整されていません

*ただ、ABO式血液型に関わる既往疾患などは少ないし、関連性があったとしてもそこまで強くないことが予想されるので、交絡因子で調整しても有意な関連性が認められると思います。ただの予想ですが。

 

論文みても書いてなかったのが、ABO血液型の分布がコントロール群でどうだったのか

→コントロール群は献血ドナーが多いので、例えばO型の人が多く献血に行っていれば、「コントロール群にA型が多かった」という結果は当然です

→すなわち、血液型に関しては完全にコントロールとしての役割を満たしている集団かが、ちょっと疑問に思いました

*絶対気になるreviewerいると思うのですが、なぜか論文中に発見できず。ただの自分の見落としかも!?

 

コントロール群の人が重症コロナ感染したかが不明です

→つまり一部はコロナ群に分類されるべきかもしれない、ということです

→ある程度そういう人がいたとしても、関連性が無い方向へのバイアスです

→つまり実際はより強い関連性であることが予想されるので、大きな問題でないかもです

 

✔当然日本人にも当てはまるかは不明です

 

 

結論

イタリアとスペインにおいては、コロナ重症化した人の血液型の分布は、献血した人の分布と異なった。

因果関係は言えない。

ではまた。

-COVID, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.