新型コロナ:治ったらPCRは陰性になるのか

PCRはウイルスのRNAを感知するものなので、感染症が治ったらPCR陰性になるはずですよね。

しかしJAMAに気になる報告がのりました。治っても陽性が続いた症例。

この記事ではこの報告を解説します。

 

新型コロナ:治ったらPCRは陰性になるのか

新型コロナ:治ったらPCRは陰性になるのか

4/21に出版されたJournal of American Medical Association (JAMA)のResearch Letterです(JAMA. 2020;323(15):1502–1503.)。

*Research letterとは完結した研究でなく、何か仮説を提示するような小さな単位の研究が報告されます。

 

これは(これも)中国の武漢からの報告です。

コロナに感染した医療従事者4名の経過を説明しています。

 

******

30-36歳で、2人男性2人女性です。

症状、PCR、典型的なCT像でCOVID-19と診断されました。

一人は入院、3人は自宅隔離となりました。

 

診断後、オセルタミビル(経口の抗ウイルス薬)を処方され皆軽快。

3人はCT所見も戻りました。

そしてPCRで2回連続陰性であることが確認され、退院 or 隔離解除となりました(2回連続陰性がその条件でした)。

症状発生から隔離解除まで12-32日でした。

 

さてその後。

5-13日後、PCRが再度行われ、4人とも陽性でした。

その後4-5日後再度PCR、4人とも陽性。

さらに4-5日後、再度全員陽性でした。

そこで違う種類のPCRを行いましたが、全員陽性。

 

この間彼らは症状なく、CT所見も変わりませんでした。

彼らの家族は感染しませんでした。

 

 

何が起きていたのか?

彼らに何が起きていたんでしょうか。

論文中では、この4人の患者は治った後もウイルスのキャリアになったのではないか、と言及しています。

何回も検査して陽性なので、ウイルスが体内にいる(=キャリアである)ことは間違いないでしょう。

*しかしその前に2回連続で陰性だったことと、相合性が乏しい気もします。

 

そして家族には感染しなかった。

感染性は無い事が示唆されます。

PCR陽性=ウイルスを保有していることと、ウイルスを排出していることは異なるのでしょうか。

少なくとも、彼らを生涯隔離することはできないし、やってはいけない。

 

たった4人の医療従事者の報告なので、何か一概に言うことはできません。

どれくらいの頻度で認められるかも不明。

しかしこういうパターンもある、と知っておく事は参考になります。

 

*今後は抗体検査が主流になってくるかもしれません。

そしたら、こういう症例の詳細がよりはっきりするでしょう。

 

 

結論

COVID-19が治ってもPCRが陽性になりうる。

こういう方がどれくらいいるか、どう対応したら良いかは不明。

ではまた。

-COVID, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.