うつ病は心血管疾患の原因か?【新研究】

うつ病、心血管疾患の「原因」だと思いますか?

そもそも「原因」って何なのでしょう?

この記事では最新の研究を紹介し、「心血管疾患の原因」について考えていきます。

 

 

うつ病は心血管疾患の原因か?【新研究】

うつ病は心血管疾患の原因か?【新研究】

「〇〇が☓☓の原因だ」というのがほとんどの臨床·疫学研究の目的です。

そもそも、原因ってなんなんでしょう?

 

Modern Epidemiologyという教科書によると、

「他の要因が固定されているとして、その病気の発症に必要な、その病気に先んずる特徴」

と定義されています。

まどろっこしいですね笑

 

逆に、

「他の要因が固定されているとして、その要素がなかったとしたら、病気が発症していなかったであろう特徴」

とも言えます。

 

つまり、

その要素に介入することで、病気(アウトカム)の発症を予防できうるもの

というのが実践的な解釈になります。

 

*****

うつ病は心血管疾患の原因か?

という疑問は、

うつ病を減らすことで心血管疾患(CVD)を減らすことができるか?

という疑問と同義なのです。

これを念頭に置いて、新しくJAMAに発表された論文をみていきましょう(JAMA. 2020;324(23):2396-2405.

 

 

どういう研究?

かなり大規模なデータを使っています。

ERFCというレジストリーから16万人、UK biobankから40万人。全員にCES-D scaleという方法でうつ病の程度を調べています。

それぞれ9.5年、8年フォローアップされ、9010件の、7860件のCVDアウトカム発症を認めました。

一般的な疫学的手法で関連性をテストしています。

*連続尺度の暴露因子をどう扱うか、お手本のような論文なので、研究者の方は是非参照してみて下さい。

 

 

結果···

交絡因子(年齢、性別、喫煙、糖尿病)で調整した後、

 

<ERFC>

·CES-Dのhighest vs lowest quintileで比較すると、62.8 vs 53.5 case/10000 person-yearでした。

·CES-Dが1SD増える(2.7倍になる)と、CVDのハザードは6%高い結果となりました。

·うつ病の診断(CES-D>16点)の有無では、ハザードは10%異なりました。

 

<UK biobank>

·CES-Dのhighest vs lowest quintileで比較すると、36.2 vs 24.5 case/10000 person-yearでした。

·CES-Dが1SD増える(2.7倍になる)と、CVDのハザードは10%高い結果となりました。

·うつ病の診断(CES-D>16点)の有無では、ハザードは38%異なりました。

 

そして、いろいろな感度分析でも、同じような結果が得られました。

*ただし、色々他の交絡因子を入れたモデルは、使えるデータ数がかなり限定されていました(それでも大規模ですが)

 

解釈は?

うつ病、もしくはCES-Dが高い事が、心血管疾患のやや高い発症率と関連した

という結果でした。

 

いくつか解釈に注意点があります。

 

✔CES-Dを調べられていない大多数の参加者が除外されています。

→つまりCES-Dを調べる対象となった人の中で···という解釈となります

選択バイアスが生じています

→実際は、「どのようなコンテクストでCES-Dが検査されたか」が重要です。

*スクリーニングとして取られていればあまり問題なし。「うつ」が疑われる人に取っていれば、そのようなpopulation、ということです

 

✔1回のCES-Dの結果が約10年後のCVD発症の原因となるか?

→そういうことを主張している論文ですが、本当に???と思ってしまいます。

CES-Dが高ければ、「平均的に少しだけ」CVDのリスクが高いですよ、という解釈にとどめておいたほうがよいです

→実際CES-Dが原因かどうか=CES-Dを下げるとCVDのリスクが減るかどうか、は、この研究からは言えません

*このように問題提起をすることが観察研究の目的です

 

✔CES-Dが高ければ、平均的に少しだけ」CVDのリスクが高い、という解釈は、どれだけ意味があるか?

実際あんまり意味ないでしょう。

→しかも、関連性の程度も、本当にちょっとです。

 

**********

以上のように、この研究により「CES-Dが高いことははCVD発症の独立したリスクだろう」とは言えますが、何かプラクティスが変わるようなものではありませんでした。

*「CVDの独立したリスク」とは数百個!!!あると言われています

 

印象ですが、プラクティスが変わりうる大規模研究がNEJM、変わらないけど大事なエビデンスなのがJAMAに載るような気がします。

 

 

結論

CES-Dという「うつ病のスケール」が高いことははCVD発症の独立したリスクと考えられますが、その影響は少ない。

CVDの原因とは言い切れない。

ではまた。

-論文解説

Copyright© Riklog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.