拳銃もってると自殺率高くなるの?

アメリカに住んでみて、日本は拳銃なくて本当に良い国だと思う事があります。

ただそれは漠然とした感想で、拳銃賛成派の人もかなり多数います。自己防衛の手段として。

でも、拳銃を使った自殺のリスクについて考えたことはありますか?

拳銃以外の自殺は、実は致死率が低いんです。拳銃だとほぼ100%。

この記事では、拳銃と自殺の関連性について最新の報告を紹介します。

 

拳銃もってると自殺率高くなるの?

拳銃もってると自殺率高くなるの

自殺は大抵衝動的なものです。

そして大抵未遂に終わり、その後も自殺を完遂する可能性は少ないのです。

でも拳銃は別。ほぼ100%死に至ります。

アメリカでは特に多く、自殺の内3/4が拳銃によるものです。

 

拳銃擁護派も多数おり、彼らの主張は例えば「拳銃により自殺が増えるという因果関係は証明されていない」というものです。

今までこれに着目した研究は多数行われてきたのですが、確かにlimitationが多く、因果関係は言えていませんでした(小規模だったり昔のデータを使っていたり)。

 

今回紹介する研究は、カリフォルニア在住の2600万人を2004年〜2016年追跡した大規模データの解析です。

 

 

方法は?

カリフォルニアの死亡者データベースと拳銃データベースを結合して解析しました。

 

カリフォルニアに在住している2004年〜2016年が観察期間で、

・観察期間前に拳銃を買った履歴にある人

・21歳未満の人(拳銃購買可能な年齢)

・誕生日や住所不定の人

を除外しました。

 

*つまり「拳銃買ったことのない人vs. 新しく拳銃を買った人」という比較です

 

メインの解析はCOX proportional modelで

・全死亡/ 自殺/ 拳銃による自殺 のそれぞれをアウトカム

・年齢、性別、人種、長銃をもっているか、という因子で調整

したものです。

 

感度分析が面白く、2種類行われています。

1: Negative control outcome analysis

• 同じモデルだけどアウトカムが肺がん・心内膜炎・アルコール性肝障害としたものを検証しました

(それぞれ自殺のリスクとして確立している)

→これらのアウトカムは喫煙、ドラッグ、アルコールという明らかな交絡因子と強く関連する

...本当はこれら交絡因子で調整したいが、この情報は使えない(unmeasured confounders)

→拳銃所持とこれらのアウトカムに関連がなければ、これらによるconfoundingはminimalだといえる

 

2: E-valueを用いたUnmeasured confounderの評価詳細こちら

 

 

結果・・・拳銃を買うことで、、

2600万人が対象になり、平均6.9年の追跡期間となりました。

68万人(2.6%)がその期間のうち、1つ以上の拳銃を購入しました。

彼らをhandgun ownersと定義しました。

 

handgun ownersは若年、白人男性で都会以外に住んでいる人が多かったです。

 

この間146万人が死亡、その内1.8万人が自殺、6700人が拳銃による自殺でした。

・handgun ownersの自殺のうち89%が拳銃を使っており、

・non-ownersの自殺のうち33%が拳銃を使っていました。

 

メインの解析:銃所持→→自殺リスク

COXモデルの結果は:

(handgun ownersのnon-ownersに対するハザード比)

全死亡:ハザード比0.80 (95%CI: 0.79, 0.82)

...銃所持者の方が低いという結果ですが、これの解釈は後述します

自殺:ハザード比3.67 (95%CI: 3.46, 3.89)

...高いですね。

・拳銃による自殺:ハザード比9.08 (95%CI: 8.48, 9.73)

...さらに高い。

 

ちなみに女性においては、拳銃による自殺のハザード比35.15 (95%CI: 29.56, 41.79)でした。

(高すぎるやろ・・・)

 

*全死亡がhandgun ownerで低い結果となっていますが、これを「拳銃によるprotective effect」と考えるのは短絡的です

→データ上は、癌や心疾患による死亡率が低かったとされています(データはなし)

→理由は2つ考えられます:

・拳銃屋で銃を買うためには、それなりの健康(普通に社会生活を送れる見た目)が必要です

・拳銃は高額なので、買える人は裕福=相対的に健康な可能性が高い

 

買って直後がヤバい

カリフォルニアでは、拳銃を買ってから所持するまで10日待たねばなりません。

handgun ownersの中で拳銃による自殺をした人は、

・この10日間の内は1人

・所持したその日では9人

所持してから最初の週で102人

所持してから1ヶ月で172人(これは全体の14%にあたる)

 

*最初の1ヶ月間での調整済みハザード比は、なんと100.1 (95%CI: 55.75, 179.9)

...こんな数字見たことないですね。

 

感度分析の結果は?

handgun ownersはnon-ownersと比較し、

・アルコール性肝障害のよる死亡:ハザード比0.83 (95%CI: 0.72, 0.95)

・肺がんによる死亡:ハザード比0.86 (95%CI: 0.79, 0.93)

・心内膜炎による死亡:ハザード比1.60 (95%CI: 0.93, 2.76)

→アルコール性肝障害と肺がんはhandgun ownersに少ないので、ownersに自殺が多いという理由にならない、ということです

→心内膜炎はhandgun ownersに多いが、p<0.05で有意な関連性ではない

 

E-valueは全体で6.80, 男性で6.14, 女性で13.8でした

→拳銃所持と自殺それぞれにハザード比6.80で関わる(ほどめちゃくちゃ強い)unmeasured confounderがなければ、「拳銃所持により自殺が増える」という因果関係は逆転しない、という意味です。

(心内膜炎のハザード比は1.60でしたね。これだと弱い。)

*E-valueの解釈についてはこちら

 

 

解釈は?

拳銃を買うことにより自殺リスクが増える、という因果関係はかなり固い

拳銃を買うことにより自殺リスクが増える、という因果関係を証明しようとしていますが、

因果関係と結論することは、やはりなかなかできません。

 

<良い点>

✔かなり大規模なコホート研究で、今までの研究よりは良いです

・今までは症例対照研究が多く、特に思い出しバイアスが強かった問題がありました

...自殺した方ほど拳銃のアクセスがあった、と考えられるケースが多いですよね

→これはコホート研究なので、思い出しバイアスはありません。

・また、症例対照研究は経時的な変化を捉えにくいです

→「最初の1ヶ月が危ない」といったメッセージを科学的に出せたのはこの研究の強みです

 

✔交絡因子に対するつっこんだ解析をしています

・国や州のデータベースを使う限り、既往歴などの詳細な情報がとれず、十分に交絡因子のコントロールができません

→この研究では、2種類の感度分析を行っており、今までの研究より信頼性が高いです。

 

<Limitation>

✔交絡因子の調整が当然十分でない。

・E-valueは高く、それほど強いunmeasured confounderがないと関連の方向は逆転しないということだが、これは一つのunmeasured confounderについて言及しているのみ

→精神疾患、社会的地位、家庭環境など多くのunmeasured confounderがあるのは明らか

→多数のunmeasured confounderについてE-valueが示唆する所はない

 

✔「何が原因なのか」が重要な視点。

→「銃を買える環境」が自殺の原因だ、と論文では主張していますが、自殺の原因は「自殺したい」という意図です

→銃を買った直後の自殺率が高いのは、reverse causationだと考えられます

 

*reverse causationとは、「銃を買う」ということは実は原因でなく結果だ、ということです。

BMIの記事でわかりやすく解説しています。

 

それでも銃を簡単に買えてしまう環境がよくない、という主張については一理ありますが、それはこの研究で直接的な因果関係としては示されていません。

→つまり、銃による自殺が致死率が高いという事実をベースとした意見です。

 

論文で言及されている他のLimitationは、以下のようなものがあります:

・違法に購入した拳銃についてはわからない(自殺をする人は正規のルートでない所で銃を所持しているかもしれない)

・拳銃を購入した「家庭」への影響、という観点はない

・カリフォルニア以外についてgeneralizableかは不明

→購入のプロセスも違うし、小丹生後10日間待つのもカリフォルニアだけ

→他の国では当然状況は異なる

・明らかにProportional hazardというCOXモデルを使うためのassumptionがviolateしてる(後日解説します)

 

 

***

でも銃は無いほうが良いですね。

論文の最後の段落が印象的でした。

 

“ラスベガスの銃による無差別殺人で59人が死んだ。アメリカでは、毎日それくらいの人が銃で自殺している。多くの場合、それを防ぐことができる。

銃を手にすることのできる環境は、自殺の大きなリスクなのだ。医療従事者と政策に関わる人はこれを意識するべきだ。

今銃を所持している人も、この情報を基にリスクとベネフィットを判断するべきだ。“

(一部意訳しています)

 

 

結論

銃は良くない。

ではまた。

-論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.