朝方にすると食事の質が良くなる?【科学的根拠】

朝方人間の方がなんとなく健康的な感じがしますが、そこには因果関係があるのでしょうか?

つまり、朝方「だから」健康なのか?

言い方を変えると、朝方「にすれば」健康になるのか?

この問いに向き合った最新の研究を紹介します。

 

 

朝方にすると食事の質が良くなる?

朝方にすると食事の質が良くなる?

夜型が肥満、糖尿病、心血管疾患などの高いリスクと関連することは、以前より示されていました。

逆に、朝方なら健康に良いと。

しかしこれは、「朝方・夜型」が原因なのかは微妙です。

夜中の労働環境が悪い中で仕事をしていることこそが原因で、その結果夜型なだけかもしれない。

相関関係を言うのは容易いですが、因果関係を言うのは非常に難しいです。

 

つまり問題は、

朝方人間が健康に良い行動をしているのは、その人が「朝方だから」なのか。

朝方人間は食事の質が良いと言うが、それはその人が「朝方だから」なのか。

 

この問いにMendelian Randomizationという手法を用いて答えた研究が発表されました(Am J Clin Nutr. 2020;112(5):1348-1357

この記事では、この論文を解説していきます。

 

*Mendelian randomization (MR)という方法は、「遺伝子変異がランダムに割り振られる」ため、Instrumental variableの性質を持つ、ということを仮定することで、交絡因子の調整をせずに因果関係を言及する手法でした。

この手法の詳細についてはこちらを参照下さい。

 

 

どういう研究?

2-sample MRという手法です。

そもそもMRとは、

「暴露因子→アウトカムの因果関係」=「IV-アウトカムの相関関係」÷「IV-暴露因子の相関関係」

でした。

*IV (instrumental variable)とは遺伝子の事でした。

 

2-sample MRは

「IV-アウトカムの相関関係」と「IV-暴露因子の相関関係」とを別々のコホートで算出する!

というもの。

 

本研究では、

IV: 朝方に関連する遺伝子変異

暴露因子:朝方であること

アウトカム:それぞれのfood groupの摂取量(アルコール、シリアル、フルーツ、加工肉、水 etc)

とし、

IV-暴露因子の関連を23andMeのコホート(遺伝子調査する会社です)

IV-アウトカムの関連をUKBioBankというコホート(ヨーロッパの大規模コホート)

で調べました。

 

*食事についてはFFQと24h diet recallの2つで定量化しています

*multiple testingはFalse discovery rateで調整しています

 

 

結果・・・

朝方だと

・シリアル(特に全粒粉の)、生フルーツ、アルコールの平均摂取量が多く

・ビール、熱い飲み物、加工肉、生クリームの摂取量が少ない

結果となりました。

 

一番関連性の強かったのは生フルーツで、

寝る時間の中央値より1時間早いと、1日0.5 serving程度多い

結果となりました。

 

色々な感度分析を行っていますが、同様の結果でした。

 

 

解釈は?

朝方ということが、良い食習慣を送ることの原因になるかもしれない、と示唆する論文でした。

解釈には注意点がいくつかあります。

 

✔「朝方」ということが自己申告に基づいています

具体的には、morning person ~ evening personの5段階のアンケートに回答するという形。

これがどれくらい信頼性をおけるか、やや疑問です。

*また、どうやって「寝る時間の中央値より1時間早い」ことを測定したか、記述がありませんでした

 

✔使われたfood groupがかなり限定的です

例えば野菜、大豆、コーヒーや紅茶、スイーツなどのカテゴリーがありません。

また、フルーツは多くなるとして、(健康に悪いとされる)フルーツジュースはどうなのか?わかりません。

*フルーツに関するエビデンスはこちら

 

また、著者らはpowerを増やすため(=サンプルサイズを増やすため)とlimitationに書いていますが、食事を扱う以上少し問題になりえます

→FDRでmultiple testingを調整していますが、そもそも解析対象となるfood groupが少ないと、調整される量も減ります。

 

✔2-sample MRが内包する問題

2つのpopulationを扱う以上、それらが同質であることが前提となります。

また、この記事で概説したMRのassumptionに関する問題が当然あります。

monotonicityも当然前提となっています。

 

以上から、面白いエビデンスで一部真実を掴めていそうだけど、当然確定的ではないだろう、というのが妥当なところかと思います。

 

******

そもそも、(少なくとも日本において)「朝方にする」ということはめちゃくちゃ難しい行動変容です。

実際ある程度遺伝子で決まっているわけですし(Nat Commun. 2019 Jan 29;10(1):343.)。

そして仕事という要素は多大な影響があり、それを変えることは容易でない。

 

なので「朝方」が良いだろう、となっても、中々現実問題として介入が難しいわけですね。

むしろそこよりも、この研究でアウトカムになっている「食習慣」の方が、介入可能性のある生活習慣とも考えられます。

*それはわかっているけど、朝は(健康に良い)シリアル食べることが多いよね、という発想がこの研究の根本にあるのかと思っています。

 

 

結論

「朝方」だとフルーツの摂取量が多くなるのかもしれない。

が、決定的なエビデンスではない。

でもフルーツは食べたほうが良い。

ではまた。

-論文解説

Copyright© Riklog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.