新型コロナmRNAワクチン:Phase-1 trial【論文解説】

コロナのワクチンは現在120以上が開発され、数多くの臨床試験が行われています。

有望なワクチンの一つ、mRNA-1273がPhase-1 trialを無事終了し、その報告がNEJMで発表されました。

評価項目は安全性と免疫獲得効果。

論文の中身を解説していきます。

 

 

新型コロナmRNAワクチン:Phase-1 trial

新型コロナmRNAワクチン:Phase-1 trial

mRNA-1273という新型コロナウイルスに対するワクチンはmRNAワクチンの一つ。

メッセンジャーRNAをベースとした、SARS-CoV2のスパイクS蛋白(S-2P抗原)をターゲットとしたものです。

S蛋白は、ウイルスが侵入する際に重要となる蛋白で、ワクチンのターゲットとしては非常に有望と言われています。

ワクチンの開発期間は通常数年かかりますが、なんと2ヶ月で製品化されました。

早すぎでしょ。

 

今まで承認されたmRNAワクチンはありません

…なぜか?mRNAワクチンは安定性に問題があるからです

→これを克服するよう工夫して作られたのがmRNA-1273です。

うまく行けば、初めてのmRNAワクチンとなります。

 

*ちなみにmRNAワクチンとは、ウイルスの害がない部分(S蛋白など)のメッセンジャーRNAを用いたものです。

→これが体内の細胞内に入り、体内でそのウイルスの蛋白(S蛋白)が産生されます。

→それを抗原提示細胞などが認識して、抗体を作り出すという機序です。

 

mRNA-1273のPhase-1 trialが終了、今週のNEJMで発表されました(NEJM 2020 10.1056/NEJMoa2022483

Phase-1 trialとは基本的にヒトでの安全性をみる試験です。

結果的にOKだったのですが、中身が大事です。みてみましょう。

 

 

試験デザイン

この研究は、安全性とimmunogenicityをみる目的のtrialでした。

デザインはこんな感じです:

・対象は18-55歳で健康な方(PCRで感染スクリーニングは行われませんでした)

day 1とday 29で、2回ワクチン接種されました(筋注、25, 100, 250µgのいずれか)

・安全性はday 8, 15, 36, 43, 57, 119, 209, 394に評価されました

・抗体産生はday 1, 15, 29, 36, 43, 57にELISAで評価されました

・T細胞反応性はday 1, 29, 43に評価されました。

 

*発表された論文はday 57までの追跡結果(interim report)です。

よって、長期の抗体保有率はわかりません。

 

45人が対象となり、最初のワクチンは3/16~4/14の間に行われました。

そのうち3人は2回目のワクチン接種をしなかったので、day36以降の評価からは除外されました。

*この3人の理由は:

うち1人は25µgワクチンを注射後5日で両足に蕁麻疹が出現したため。

2人はCOVID-19感染疑いで隔離されていたため(結局陰性でした)。

 

 

結果は?

<安全性>

深刻な全身性の副反応はなし

*全身性の副反応とは、とは局所(打った箇所)での副反応以外のものをいいます

 

全身性の副反応自体はそれなりに生じました

・1回目の接種では、25µg群33%、100µg群67%、250µg群53%

・2回目の接種では、25µg群54%、100µg群と250µg群は全員

→250µg群の3人は重度の副反応が生じました(39度以上の発熱など)

 

1, 2回通して半数以上の接種者に認められた症状は、疲労、悪寒、頭痛、筋肉痛、注射部位の痛みでした。

*これらが半数以上に認められたとは、結構多いですね!

 

<抗体産生>

S-2Pに対するIgG抗体のセロコンバージョン(4倍以上の増加)は、day15までに全員に認められました

抗体量と投与量にはdose-dependentの関係が認められました。

 

*やや詳細な結果ですが:

✔pseudotyped lentivirus reporter single-round-of-infection neutralization assay (PsVNA)反応性については、投与前は誰にも認められませんでしたが、1回投与で半分弱、2回投与で全員に認められるようになりました。25µgはやや反応性が低い傾向がみられました。

✔live wild-type SARS-CoV-2 plaque-reduction neutralization testing (PRNT) assayにて、SARS-CoV感染力を80%以上減じることができるかという指標(PRNT80を計測した所、day 43で全員に認められました。

 

<T細胞反応性>

CD4 T細胞反応性が認められ、特にTh1サイトカイン>Th2サイトカインでした。

CD8 T細胞反応性は低かったです。

 

 

解釈は?

最小限の安全性は担保され、抗体産生も認められたということでphase-1 trialはパスしました。

 

副反応は、higher dose, 2回目の接種でより高率・重症度高く生じました。

頻度はインフルエンザのmRNAワクチンと同程度だったとのことです。

でも半数以上に全身性の複数の副反応が生じるとは、かなり多い気もします。。。

 

S-2P抗体のセロコンバージョンは早かったですが、PsVNA反応性を得るには2回の投与が必要でした。

→これは、ワクチンを2回接種する必要性を示しているとのことです。

 

長期フォローの結果についても待たれます。それが分からなければ運用はされません。

phase-2 trialも15ヶ月くらいのフォローが必要だそうです。

まだまだです。

 

 

結論

mRNA-1273というワクチンがPhase-1 trialをパスした。

でも運用まではまだまだ長い。

ではまた。

-COVID, 論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.