病院は患者から見返りありで寄付を募っていいのか

病院は金がありません。

市中病院はなおのこと、大学病院は臨床研究も使命としてあるのに、金が無いために医療従事者がボランティアで研究をやっています。

そんな一つの解決策は、裕福な患者からの寄付かも知れません。

法律上はOKなのですが、それは倫理的に妥当なのか。

これを調べた研究を紹介します。

 

 

病院は患者から見返りありで寄付を募っていいのか

病院は患者から見返りありで寄付を募っていいのか

研究費と病院の収益は年々減ってきています。

アメリカの123病院を調べた所、それぞれが年間20億以上、病院関係者以外から寄付を受けていることがわかっています。

実際、

・寄付できる可能性のある患者さんを特定し通院してもらう(医者—患者関係を構築する)

・通院している患者から寄付を募る

ことは有用な手段なんですが、それが倫理的にOKか、あまり議論されてきませんでした。

 

倫理的にOKなのかは答えがありません。

一般的にどう思われるかが大事です。

患者からの寄付についてアンケートで調べたのが、今回紹介する研究です(JAMA. 2020;324(3):270-278.)。

 

 

どういう研究?

lposという「アメリカのrepresentative population」をサンプリングするツールで、色々な層の参加者を集めました。

・513人のgeneral population

・253人の年収25万ドル以上(寄付してくれる可能性が高い人達)

・260人の、最近癌の診断をされた人

・256人の心疾患を持つ人(今まで病院とかなりinteractionがあった人)

 

彼らにアンケートを行いました。

→回答率は62%くらいでした

 

例えばこんな質問です:

・重篤な病気で通院している女性が、今後の治療発展のため寄付を行いました。感謝の意として、良い病室の使用、早い予約、主治医の電話番号を教えるのはOKか。

・寄付した人が、その資金の使いみちをどれくらいコントロールできるべきか。

→異なる寄附金額で同じ質問が行われました

また、

・寄付してくれそうな人を集めて声をかけるのはOKか。

などなど。

*これらは全て合法のアプローチだそうです(アメリカでは)

 

 

結果は?

以下、「許容される」と回答した人の割合です。

✔100万ドル寄付した場合(general population)

よい病室を使う:50%

予約を早める:26%

主治医の電話番号を教える:20%

 

✔「100万ドル寄付で予約を早めること」を許容するか

高所得者では38%

がん患者24%

心疾患患者23%

 

✔医者が、寄付してくれそうな人を同定して病院スタッフに教え、アプローチをとることについて(general population)

本人に承諾を得た後の場合47%

本人に承諾を得ずに行う場合8.5%

 

✔医者が患者に寄付を呼びかけること(general population)

患者が話を持ち出した場合:79%

医師から話を持ち出す場合:14%

*医師から言われたらプレッシャーに感じる:90%

 

✔寄付金の使い道は完全〜大部分寄付者が決めるべき

general population:79%

高所得者:92%

 

 

解釈は?

病院への寄付に関して、合法のアプローチであっても、多くの人が「許容できない」と考えているものが多いことが分かりました。

 

62%の回答率でselection biasがかかっている可能性、representative populationが抽出できていない可能性などのlimitationはありますが、おそらく大筋はこの通りかと思われます。

 

病院はお金が足りません。特に中核病院はfund raisingすることで新しい医療機器を導入したり、臨床試験を行うことができ、最終的にcommunity healthに寄与することが期待されます。

一方、患者から寄付を募ることに関しては、かなりの人が許容できないと考えている。

これは大きな問題です。。

 

日本とは状況も規模も違うので一般化はできません。

もしかしたら日本の方が風当たりが強いかもしれません。医療に関してはより社会主義的なので。

でも日本の病院こそお金がない。切実に寄付が欲しい所でしょう。

(アメリカほど医療にお金がかかりませんが。一方お金持ちもアメリカと比較したらそんなにいませんが。)

 

ちなみに私は、高額の寄付(1000万以上とか)については見返りあってよいと思います。

 

********

 

関係ありませんが、日本人はお金を寄付するマインドが少ないですね。

アメリカと比較すると、寄付金の額が違います(当然かもですが)。

一方、輸血は「献血」という「血を寄付する行為」で成り立ってるのは興味深い点ですね。

単純に、日本には寄付できるレベルのお金持ちが少ないだけなのかな。

 

 

結論

病院が患者から寄付を受ける・募るアプローチは、皆が受容できないと考えるものが多い。

ではまた。

-論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.