ビタミンDはうつ病予防に効くか【結論】

ビタミンDサプリ、色んな状況で有効性が期待されています。

今回紹介する研究は、ビタミンDとうつ病発生の因果関係。

ビタミンD血中濃度が少ないとうつ病発生が多い事が言われていますが、サプリによって発症予防できるか?

最大規模のランダム化試験です。

 

 

ビタミンDはうつ病予防に効くか

ビタミンDはうつ病予防に効くか

ビタミンDサプリ、使ってますか。

〇〇に効く効かないでなく、足りてなかったら使ったほうが良いですよ。

使う目安は、どれだけ太陽浴びてるか

*詳細はこちらで確認下さい。

 

さて、ビタミンDサプリがどんな疾患予防に効果があるか、ホットな分野です。

今回紹介するのは「うつ病」。

観察研究では、血中のビタミンD濃度が低いこととうつ病発症との関連性が示唆されてきました。

そしてビタミンDサプリには今まで13のRCTが行われ、1つ以外「関連性なし」の結論でした。

しかし、どの研究も参加人数が十分でなく、「関連性なしという結論だったときに、本当に関連性がない」という事を担保できていませんでした(十分なpowerがありませんでした)。

 

そこでVITAL試験。

これは今まで最大規模のビタミンDとオメガ3脂肪酸サプリを使ったランダム化試験です。

そのsubstudyであるVITAL-DEPの結果が発表されました(JAMA. 2020;324(5):471-480)。

 

 

どんな研究?

ビタミンD サプリ2000 IU/dayとオメガ3脂肪酸サプリを2X2 factorial randomizationした研究です。

→ビタミンDの効果のみ注目しています。

 

VITAL-DEPは:

・うつ病病歴のない18353人が対象

・フォローアップの中央値は5.3年

・アウトカムはうつ病発症とPHQ-8というmood score(0-24点)

・powerはうつ病発症については85%、PHD-8変化については99%以上です

 

 

結果・・

<うつ病発症>

ビタミンD群:609人 (12.9/1000 person-years)

プラセボ群:625 人 (13.3/1000 person-years)

→調整済みハザード比: 0.97 (95% CI, 0.87 to 1.09; P = .62).

 

<PHQ-8>

差は0.01 点(95% CI, −0.04 〜 0.05 点)

 

差、なし。

 

 

解釈

50歳以上の白人中心、11.6%が血中ビタミンD濃度20 mg/ml未満、という集団において、ビタミンDのサプリはうつ病発症を予防しませんでした。

 

✔この論文はかなりconservativeな結論をしています。

実際様々なsecondary analysisをしているのですが(ビタミンD濃度が低い人での解析、再発というアウトカムなど)、それらの結果はhypothesis-generatingだと。

なぜなら、アウトカムを複数解析することによるmultiple testingの問題があり、かつそれぞれのpower分析をしていないからです。

→つまり、「この研究では結論できない」となってしまいます。。。。

*ちなみに、それぞれ結果は「関連性なし」です。

 

こんな大規模なtrialをやっても、科学的に厳密に言えないことは言えない、という姿勢が伺えます。

もちろん日本人ではどうかも不明。

科学的には、確かにそうなのですが、、、

きっと、効かないです。

 

 

結論

ビタミンDのサプリメントはうつ病発症予防効果は無さそう。

ではまた。

-論文解説

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.