心臓病

心臓病 論文解説

冠動脈バイパス手術:撓骨動脈 vs. 大伏在静脈【最新メタ解析】

2020/7/22  

冠動脈バイパス手術で撓骨動脈と大伏在静脈のどちらが良いのか。 経験上撓骨動脈の方が良い気がする人がほとんどと思いますが、はっきりしたエビデンスはありませんでした。 そもそもgraft failureとなるのは数年以上かかるので、かなり長期間フォローする必要があります。 RCTはいくつかありますが、そ ...

心臓病 論文解説

【私の最新論文解説】安定狭心症に対するPCIの適応、今のじゃ不完全

2020/7/13  

PCIガイダンスにFFRだけだとだめかも。 これがもはや自分の中で大きなテーマになっています。 他の指標をプラスすることで、PCIをより効率的に選択できるんでないかと思っています。 これを直接的に示した初めての観察研究です。   安定狭心症に対するPCIの適応、FFRじゃ足りないかも 結論 ...

心臓病 論文解説

冠動脈バイパス手術の時に左心耳閉鎖しないほうがよいかも!?

2020/7/13  

心房細動+狭心症の患者に冠動脈バイパス手術が行われるとき、ルーチンで左心耳閉鎖されることが多いのではないでしょうか。 左心耳に脳卒中の原因となる血栓ができるので、合理的かと思われてきました。 一方、左心耳は心臓の収縮に大事な役割を果たしていることも分かってきております。 本当に、冠動脈バイパス手術に ...

心臓病 論文解説

結局PCIは意味ないの?【安定狭心症】

2020/6/28  

安定狭心症に対するPCIは意味ないと言われて久しいです。 たくさんRCTが行われてきて、何となくのコンセンサスとして「PCIは症状取るため」という空気になってきています(ガイドラインもそうなっています)。 でもPCIやってる人は、PCIやれば予後がよくなると信じています(きっと)。 そんな中、今まで ...

心臓病 論文解説

頸動脈のプラークが増えるとどれくらい悪いか【決定版】

2020/6/26  

人間ドックでよくある、首のエコーの検査です。 「プラークがある」って言われる人多いと思いますが、それが具体的にどういう意味を持つのかご存知でしょうか。 具体的な意味とは、「そのプラークを退縮させたら、どれくらい心血管疾患のリスクが減ったと言えるか」 今まで行われた119のランダム化試験をまとめた結果 ...

心臓病 論文解説

腎デナベーションって知ってる?【血圧17下げる】

2020/6/13  

腎デナベーション(renal denervation)とは、腎臓の交感神経を焼灼するカテーテル治療です。 実は昔からある治療法なのですが、2014年の研究で「効かない」と結論されてしまっていました。 しかしその後、「血圧コントロールが難しい人には効くかも」という研究が発表され、再び注目を浴び始めてい ...

心臓病 論文解説

【自分の論文紹介】AIで冠動脈病変を分類してみた

2020/6/9  

何人かのフォロワー様から、私の研究内容を教えて欲しい!とTwitterで連絡頂きました。 有難うございます!! 情熱をもって研究に取り組んでいるので、とても嬉しいです。 そこで、これから自分の論文が発表されたら、それをブログで解説することに決めました。 最近一つ、「AIで冠動脈病変を分類してみた」と ...

心臓病 論文解説

AIで心電図を読影する【循環器内科医を超えたか】

2020/6/6  

AIは画像と相性がよいです。 心電図は正確には画像でないですが、1枚の紙の情報なので、画像として分析することも可能です。 よって循環器の分野では、如何に心電図をAIで読ませるか、研究が盛んに行われてきました。 今回紹介する報告はその最新のものです。 ついにAIの読影能力が循環器内科医を超えたか。 & ...

心臓病 論文解説

待機的PCI: FFRガイダンスは死亡率を下げる?!

2020/6/4  

「安定狭心症に対する待機的PCIは意味あるのか?」という議論は有名ですが、 「安定狭心症のPCI適応はFFRで決めるべきか?」という議論もあります。 そりゃあFFR使ったほうが良いに越したことはないですが、未だにアンギオガイド(細いからPCIする)人が世界中に多いわけです。 なんと、FFRガイドとし ...

心臓病 論文解説

Apple watchでQT延長(コロナ治療の副作用)を診断する

2020/6/3  

Apple watch、かなりの可能性が示唆されてきています。 COVIDの治療に使われうる「ヒドロキシクロロキン」、副作用にQT延長という「突然死を引き起こしうる状態」があります。 これをApple watchで診断してみた、という報告です。 実際使えるのでしょうか?   Apple w ...

Copyright© Riklog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.