疫学・臨床研究

疫学・臨床研究

多変量解析:「調整しすぎ」の問題とその解決策

2022/2/28  

多変量解析は「交絡因子」を余すことなく調整することが大前提です。 それができれば、例えば観察研究のデータから因果関係を言及することができます。 しかし、「調整しすぎてはいけない」と、まことしやかに言われた/習ったことはないでしょうか? 実に ...

疫学・臨床研究

臨床研究と疫学研究の「エビデンスの強さ」は異なる

2022/2/26  

臨床研究も疫学研究も、目的と方法論は全く一緒です。 違いは、治療という介入か、予防という介入か。 実はこれが変わるだけで、エビデンス=科学的根拠の「強さ」が異なってきます。 健康情報を判断する上で非常に重要なので、ここで解説します。 &nb ...

疫学・臨床研究

臨床研究にDAGを活かす-2:corridorとselection bias

2022/1/16  

お待たせしました、第2段です。 前回はDAGの矢印=因果関係という事、exposureとoutcomeの共通の原因=confounderということ、confounderを調整する=四角で囲うことで相関関係の流れをブロックすること、を学びまし ...

疫学・臨床研究

臨床研究にDAGを活かす【その1】:DAGを知る

2022/1/5  

DAGは疫学の基本的な考え方です。臨床系雑誌での認知も高まってきており、例えばJAMA系の雑誌はこれを前提としていたりします。 そこでこのシリーズでは、DAGの基本、その臨床研究への応用を「数式なしでわかりやすく」解説します! 誤用している ...

疫学・臨床研究

Applied researcherが大学院レベルの確率統計を勉強すべきか

2021/12/28  

こんにちは。今回は雑記みたいな内容です。 どの研究にも確率統計が絡んできますが、それらをどの程度勉強したら良いのか、悩まれる方も多いかと思います。 この記事では、疫学を一通り学んだ筆者が、大学院レベルの統計学を数ヶ月みっちり勉強してみて思っ ...

疫学・臨床研究

観察研究にサンプルサイズの計算は必要ない!?【解説】

2021/10/7  

ランダム化試験ではPower分析=サンプルサイズの計算は必須ですが、観察研究では「必要ない」という主張をよく聞きます。 本当に「サンプルサイズはどうでもよい」のでしょうか。 最新の論文を元に、疫学者のスタンスを紹介します。   & ...

疫学・臨床研究サイトマップ

疫学・臨床研究

疫学・臨床研究サイトマップ

2021/9/20  

ついにできました! このブログの「研究手法」に関する主要な記事を、サイトマップとしてまとめました。 是非参考にしてください!!   *下のContents (目次)が見やすいので参照ください。     疫学の歴 ...

疫学・臨床研究

Conditional logistic regressionの完全解説!【数式ほぼなし】

2021/9/14  

Conditional logistic regression(条件付きロジスティック回帰)という統計手法をご存知でしょうか。 特に症例対象研究で使われる手法ですが、マッチングを用いた調整法としてコホート研究でも使えます。 この方法、なんと ...

疫学・臨床研究

ランダム化試験 vs. 観察研究【完全解説】

2021/9/10  

ビッグデータの時代。解析方法も発展した。 データをたくさん使った観察研究なら、色々言える気がします。 お金も手間も時間もかかる、ランダム化試験ってやる意味あるんでしょうか。 また、観察研究とランダム化試験ではどれくらい結論に差がでるものなの ...

疫学・臨床研究

予防医学でまだわかっていないこと【リスト】

2021/9/3  

予防医学はまだまだ発展途上です。 何をすればよいか(野菜食べる、禁煙するなど)ほとんど分かっていると思いきや、そうでもありません。 この記事では、最近発表されたガイドラインから、心血管病予防に関してまだわかっていないことをリスト化してまとめ ...

Copyright© Riklog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.