rik

論文解説

皆ココア飲むべし!?【最新ランダム化試験の解説】

2022/3/20  

ココアやチョコレートは健康に良い、と以前から言われています。 しかし実は、それが直接的に示されたことはありませんでした。 今回紹介するCOSMOS Trialという大規模ランダム化試験にて、それが明らかになりました。 この詳細を紹介します。 ...

論文解説

DISCOURAGE Trialかと思った【DISCHARGE Trialの解説】

2022/3/7  

世界的に、特にアメリカでは、安定狭心症なんて(LMTが絡んでない限り)薬入れとけばいいやろ!という疾患になりつつあります。 ですが、PCIやった方がよいと頑なに信じる人もいる。安定狭心症の一部には効果的な患者もいるかもしれないので、その国の ...

疫学・臨床研究

多変量解析:「調整しすぎ」の問題とその解決策

2022/2/28  

多変量解析は「交絡因子」を余すことなく調整することが大前提です。 それができれば、例えば観察研究のデータから因果関係を言及することができます。 しかし、「調整しすぎてはいけない」と、まことしやかに言われた/習ったことはないでしょうか? 実に ...

疫学・臨床研究

臨床研究と疫学研究の「エビデンスの強さ」は異なる

2022/2/26  

臨床研究も疫学研究も、目的と方法論は全く一緒です。 違いは、治療という介入か、予防という介入か。 実はこれが変わるだけで、エビデンス=科学的根拠の「強さ」が異なってきます。 健康情報を判断する上で非常に重要なので、ここで解説します。 &nb ...

疫学・臨床研究

臨床研究にDAGを活かす-2:corridorとselection bias

2022/1/16  

お待たせしました、第2段です。 前回はDAGの矢印=因果関係という事、exposureとoutcomeの共通の原因=confounderということ、confounderを調整する=四角で囲うことで相関関係の流れをブロックすること、を学びまし ...

疫学・臨床研究

臨床研究にDAGを活かす【その1】:DAGを知る

2022/1/5  

DAGは疫学の基本的な考え方です。臨床系雑誌での認知も高まってきており、例えばJAMA系の雑誌はこれを前提としていたりします。 そこでこのシリーズでは、DAGの基本、その臨床研究への応用を「数式なしでわかりやすく」解説します! 誤用している ...

疫学・臨床研究

Applied researcherが大学院レベルの確率統計を勉強すべきか

2021/12/28  

こんにちは。今回は雑記みたいな内容です。 どの研究にも確率統計が絡んできますが、それらをどの程度勉強したら良いのか、悩まれる方も多いかと思います。 この記事では、疫学を一通り学んだ筆者が、大学院レベルの統計学を数ヶ月みっちり勉強してみて思っ ...

Evidence-based Medicine vs. 経験則【EBMは最適でない】

基本

Evidence-based Medicine vs. 経験則【EBMは最強でない】

2021/10/12  

Evidence-based medicineが現代の医学の基本です。 ざっくり「ランダム化比較試験に基づく医療」とも言えますが、これは実は最適ではありません。 また、経験則もあながち悪いと言いきれません。 因果推論の理論の進歩とともに、よ ...

疫学・臨床研究

観察研究にサンプルサイズの計算は必要ない!?【解説】

2021/10/7  

ランダム化試験ではPower分析=サンプルサイズの計算は必須ですが、観察研究では「必要ない」という主張をよく聞きます。 本当に「サンプルサイズはどうでもよい」のでしょうか。 最新の論文を元に、疫学者のスタンスを紹介します。   & ...

運動etc

運動・肥満・その他生活習慣サイトマップ

2021/10/3  

このブログの「運動・肥満・その他(食事以外の)生活習慣」に関する主要な記事を、サイトマップとしてまとめました。 是非参考にしてください!!   *下のContents (目次)が見やすいので参照ください。   肥満・BM ...

Copyright© Riklog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.